【9月14日(木)】雨上がりの朝...


今朝はスッキリ晴れたので庭の散歩...、
すると車庫の外壁...、
ハイビスカスの日陰にカタツムリの一行!!

空いていた植木鉢に入れて隔離...、
野放しにしておくと観葉植物の葉をパリパリ!!
斜向かいの空き地に強制送還...。
まだまだ...居そう!!
スポンサーサイト

【9月13日(水)】雨にも負けず...


フィリピン名、アジア共通名が...、
ニュースの中で入り乱れ...、
複数の台風、熱帯性低気圧が...、
フィリピン圏内に入って来ると...、
何処に居るのが誰なのか...混乱!!

誰にしても立ち去ってくれ...、
雨風に耐えて生き残った庭の花たち...、
陽光を浴びて元気を取り戻しました。
でも、空には黒い雲が...、
ゆっくりゆっくり...動いていました。

【9月3日(日)】季節感...無し!!


タガイタイのご隠居さんのきょうのBLOG...、
ススキのお話を書かれていました。
確か6日は満月の筈...、
ススキを飾って...お月見?!

以前、近所にもススキの野原があったけど...、
今じゃ開発でコンクリートの...塊が。
さて、何処にあるのか...ススキ。

今朝も我が家の庭には...、
ブーゲンビリアとハイビスカス...、
季節感...無し!!

【8月22日(月)】指紋の厚さ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間 7:00
*天候=雨
*気温=26.5℃
*湿度=90%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 肌寒い朝だった...MNLです。
昨夜からの雨は、時折、強く屋根を叩き...、
風に煽られてゴーゴーを吠え...、
得体の知れない大きな動物が...、
まるで...暴れているようでした。
『夜中に...目が覚めた!!』

 昨夜、カミさんから定例の電話連絡が入りました。
“弟”が大字田舎字田舎の自宅に強制連行され...、
病院は静かになったそうです。
 しかし、義母の退院が1日遅れて...、
火曜日、きょうになるとのことでした。
我が家への帰還も1日遅れ...、
あす...だそうです。
ご飯が無くなったことだけ...伝えました。

ウエット・ティッシュの消費が...増えた!!
 爺が携帯電話なるものを使い始めたのは、確か...1991年か2年でした。
当時のIDOの代理店さんからロゴ制作を受注しました。ロゴ制作は順調に進んで納品すると、関連会社3社のロゴ制作の注文がありました。全ての納品を終えた頃、最初のロゴを作った携帯電話の代理店さんの営業所が開店することとなりました。その時、契約者の第一号として...契約をしました。それが、携帯電話の使いはじめでした。
『確か、10万円近くかかったぁ~!!』

 2000年にこちらに来た頃、大きなショッピング・モールへ出かけると携帯電話の販売店がありました。その時にカミさんと一緒に買いました。その後、何台の携帯を買い替えたことか...。
 数年前からタッチパネル式のスマートフォンを使い始めました。最初はサムソンでアンドロイド2の時代でした。次が、ソニーの携帯に買い替え、タブレットを買い、そして、つい最近買った携帯はアンドロイド7でした。
『メールチェックすると...、
 PCやタブレットより...速い!!』

 或る時、そのタッチパネルを触ると、あれっ?...と思うことがありました。タッチパネルには保護するためのフィルムが貼られています。しかし、そのフィルムの表面が、僅かに波打っているのです。
『えっ、パネルが...変形?!』

 いや、よくよく見ますと...、保護フィルムの表面に指紋がベッタリ!!
ティッシュペーパーを滑らしてタッチパネルを拭くと、指先に表面の凸凹、波が伝わってきました。
『あぁ~、指紋の厚みだった...んだっ!!』

 電話で話をした後には、耳の脂がベッタリついていることがあります。PCのキーボードを叩いているだけでも、指先に汗をかくのでしょうか...、携帯の表面に指紋がついています。指紋の厚みって、どれほどのものか知りませんが、指先って...微妙な違いを感知することができるのですね。おかげで今、常備品のウエット・ティッシュの消費量が...更に増えました。

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし事典
*************************************

【8月21日(月)】そう言えば、こんな手口あった!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間 7:00
*天候=うす曇り
*気温=28℃
*湿度=84%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 夜が涼しくなった ...MNLです。
眠るときにエアコン、扇風機が...大嫌いな爺、
ここ数日の夜の涼しさは助かります。
エアコン、扇風機、薄手の毛布...要らず!!
『よく眠れるなぁ~!!』

 昨夕、カミさんから電話がかかってきました。
病院に泊まり込んでいますが、そこに“弟”が遊びに来ていました。
“弟”と話をすると...、
「どうして来ないの...?」と怒っているようす。
でも、“弟の弟”はまだ親がいないとお泊りはできないので...、
“弟”はこの時ばかりとカミさん...Titaを独り占めしているようです。
学校の三連休も今日で終わり...、
今夕、嫌々...大字田舎字田舎に連れ戻されます。

【あんたの家のペンキ...塗ったよ!!】
 カミさんがいませんので、近くのモールへ買い出し兼食事に出かけました。
トイレに行って出てくると、そこで小柄なピリピン人が「サー」と声をかけながら、右手を差し出してきました。爺の怪訝そうな顔を見て...、「わたし、以前に家のペンキを塗った」と言います。
 しかし、我が家のペンキ塗りに職人さんを頼んだのは、たったの1回だけです。もっと身体の大きなふたり組だったことを覚えています。それに、屋根に穴をあけていきましたので、悪い印象が残っていますので、その身なり風体は...決して忘れません。
『ペンキ塗り...、
 屋根を除いて...ほとんどはカミさんの仕事!!』

 この時、ピンッ!...ときました。
かつて旅行者としてフィリピンへ来ているころ、マラテ辺りのホテルに泊まっていました。外に出ると男が寄ってきて...、
「わたし、あなたが泊まっているホテルのコック」などと言って近づいてきます。
こんな時、頭の中では赤い警告灯が回転し、サイレンが鳴り始めました。
その次に発せられる言葉には、幾つかのパターンがあります。
まずは...、
きょうは奥さん、或いはこどもの誕生日...、
プレゼントを買ってやるお金が無いから...貸して!!
誕生日が病院代になったり...、外国に出稼ぎに行く費用になったり...、
時には...お葬式になったりです。

 ペンキを塗った...の後に続く言葉を想像するに難くありません。これらのパターンの内に入ることでしょう。案の定...、
「わたし、可哀想!
 先週、妻とふたりの子供が交通事故で死んだ!
 お葬式のお金ないから、助けて!」
『おぉ~い、家族を3人も...殺すな!!』

 オレオレ詐欺フィリピン版...もありますが、こんなのは寸借詐欺とでもいうのでしょうか。
油断もできない...、隙も見せられない!! 

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり18年目
*************************************

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ