FC2ブログ

【6月28日(金)】給料...高すぎっ!!

<隠居暮らしの日々>
===========================
*時刻:06:10
*天候:曇り
*気温:26.5℃
*湿度:86%
===========================

 どんより鉛色の空に包まれた...MNLです。
毎日、雷雨はあるものの...、
雨期の空模様ではありません。
しかし、ここ数日は鉛色の空が広がっています。
『いよいよ、本格的な雨の季節...到来?!』

 先日のLTO...、排ガス検査を終えて、その結果をオフィスに届けてきました。
その翌日、ステッカーが発行された旨の連絡が入りました。
早っ!!
と言うことで、翌日、取りに行き、無事に...期限前に車に貼ることができました。
『やれば...できるじゃん!!』

 ここで愚痴...まだ、新しいPCに慣れない!!
“Enter”キーを叩けば“「”か“」”が...、“Back Space”を打てば”¥“が出てきてします。
こっちで買った古いPC,日本で買った新しいPC...、今のところ古い方が使いやすい。

勤勉なのは口...だけ!!
 爺が出かけるときに肩にかけるバッグのファスナーが壊れた。
ドラえもんのポケットのようなもので、ふたつの携帯、タブレット、ティッシュ、ウエット・ティッシュ、メモ帳、財布にIDと...、手を突っ込むと色々出てくる便利がバッグなのです(笑)。 ファスナーとはいえ、壊れると...不便。そこで、新しいバッグを買うためにデパートへ出かけました。

 バッグ売り場に到着する所狭しとばかりに大勢の店員が立ち話中、時には大声で笑い、踊りだす女店員も...。ショルダーバックを物色していると、爺に気付いた女店員が近づいてきた。爺が見ているのは布製の某ブランドのバッグ...、そこに女店員が持ってきたのは別のブランドの革製のバッグ...。バッグを広げながら説明を始めたので、「私の探しているのは布製」と伝えた。すると、先の茶色のバッグを置いて、色違いの黒いバッグを持ってきた。
『駄目だ...、こいつ、自分の売りたいバッグを持ってきやがるっ!!』
「あなたは客のニーズを理解できないから...向こうでお喋りしていなさい」

 結局、カミさんが見つけてきたバッグを買ってきたのだが...、
店員たちの第一の関心ごとは...仲間たちとのお喋り。
それを邪魔する買い物客は、楽しみを奪う存在でしかないのだろう。
お喋り好きな店員の給料はせいぜい500ペソ程度だろうが...高すぎっ!!

======================================
◆さらんご~ら:Saranggolaとはタガログ語で「凧」のこと。
◆意 味:大空を自由に飛び交う凧のように、フィリピンで悠々と過ごしたい。
◆現 実:凧糸の端をカミさんに握られ、動けるのは糸の長さだけ。
◆同意語:お釈迦様の掌の中の孫悟空。
◆Website:さらんご~らのフィリピン隠居事典 http://saranggola.web.fc2.com
======================================
スポンサーサイト

【6月14日(金)】何かを変えないと...!?

===========================
*時刻:06:30
*天候:晴れ 
*気温:29℃
*湿度:85%
===========================

 ライトブルーの空に白い雲が浮かぶ...MNLです。
6月の半ばになるというのにカンカン照り...、
余りの暑さで積乱雲が立ち上り...、
我慢できなくなってゴロゴロ、ピカピカ...、
しとしと雨の雨期になるのを忘れてっしまったのかなぁ~?
『水不足が...心配!!』

かつての先進国...!!
 今週の月曜日にラス・ピーニャスのLTOへ行ってきました。
そう、まさしく...行ってきました。

 わが愛車、そう20年目を迎える“老車”の登録更新が6月なのです。
LTOへ到着すと通路まで車が止まり、奥の排ガス検査場まで行くのも大変な状態でした。やっとのことで辿りつくと...オフ・ライン!!
 検査ができない状態で、待っている車がいっぱいだそうです。そこで、出直すことに...。
LTOへ行って...、何もせずに戻ってきました。
そして、きのう出直してきました。

 しかし、きのうも排ガス検査すらできません。
そこで顔見知りのおっさんに相談すると、彼が老車に乗り込んできました。彼の案内で場外にある排ガス検査場へ移動、そこでもオフ・ライン...でしたが、およそ1時間かけて検査が終了しました。その間に提出書類を整えて、手続きを済ませてきました。1台に1時間、場内の検査場も同じ状態だとすれば、1日かけても無理だったでしょう。
きのうのあした...きょう中にステッカーが発行される...と言いますが、果たして??

 熱せられて身体を冷やしに、近くのモールに立ち寄りました。
冷たいものを飲んで、モールの中をブラブラ...。すると、某銀行の店頭のATMに“OFF LINE”の張り紙が...。ということは、この銀行のATMも窓口業務も...排ガス検査場状態です。お役所にしても、銀行にしても、今や必要不可欠なインフラの筈が...この有り様!!

 こういう時に感じるのです。
この国は、かつては“アジアのリーダー”、当時は...“先進国”でした。欧米の民主主義や法制度、行政のシステム...、掛け声は、かつての先進国の片鱗を感じることができます。しかし、現実的な運用が全くできず、形骸化してしまっています。とりあえずはグローバル化した情報システムはあるのですが、管理、運用、利用ができないのです。

 片側2車線の道路に歩道橋がかかっています。
その下には、“Bawal J Walking Dito”と書かれている看板があります。
歩行者は車の合間を縫って道路を渡ります。
Traffic Enforcerは車を止めて不法横断歩行者を助けます。
お年寄りや身体の不自由なかたなら仕方ないけど...。

有っても使えなければ...無用!
中途半端にかけた投資は...無駄!
何か根本を変えないと...。
『それは...無理かっ!?』

======================================
◆さらんご~ら:Saranggolaとはタガログ語で「凧」のこと。
◆意 味:大空を自由に飛び交う凧のように、フィリピンで悠々と過ごしたい。
◆現 実:凧糸の端をカミさんに握られ、動けるのは糸の長さだけ。
◆同意語:お釈迦様の掌の中の孫悟空。
◆Website:さらんご~らのフィリピン隠居事典 http://saranggola.web.fc2.com
======================================

【6月13日(木)】久しぶりにPCから...。

<フィリピン隠居暮らし>

===================
*時刻:05:40
*天候:曇り...(でも晴れて、暑くなりそう)
*気温:29.5℃
*湿度:82%
===================

久しぶりにPCからの書き込みです。
それも新しい、使い慣れないPCから...。
古いPCはこちらで買ったもので、新しいPCとキーの場所が違う。
『あれ、@はどこ...?』
キーの数がひとつ...多く、Enterキーの形状も違う。
古いPCのEnterキーは横長、新しいキーは縦長...、
Enterキーを打った積りが、隣の“」”キーも一緒に叩いてしまう...イラつく!!
『慣れるっきゃないか...!!』

水が無い!!
きのうの朝、顔を洗おうとして洗面所の蛇口をひねると、“スー”という音がするだけで水が出ない。
『あれっ...??
 独立記念日だから節水のために...断水?!
 でも、事前のアナウンス...無かったぞっ!!』
などと考えた後に...『まさか??』
しかし、そのまさかでした。

表の水栓を確認すると閉まっています。と言うことは、昨夜、裏でパイプから水漏れが起き、お隣さんが表の水栓を閉めてくれた...?!否、このケースは九分九厘...当たり!!
案の定、裏に回ってみると...一面、水浸し!!
すると、お隣とのフェンス越しに...「水道代、高いぞ!!」お隣のご主人の声でした。
話を聞くと、朝の4時ごろ、水の吹き出る音に気付き、水栓を閉めてくれたとのこと...感謝!!

早速、車庫の物置からパイプや接続部品、接着剤などを引っ張り出し...作業開始!!
しかし、切断したパイプから水が出ていて、いつまで待っても止まりません。例え弱い水の流れでも、接着剤が流れ出してしまいます。パイプの水が無くなるのを待つこと...6時間。その間、前日に煮ておいた餡子でおはぎを作って食べ、満腹になれば昼寝...。作業が全て終了して、蛇口から水が出だしたのは...午後6時になっていました。
『疲れたぁ~!!』

午後7時に夕ご飯を食べ、ベッドで横になり...そのまま。
目が覚めたら...午前4時でした。
『よぉ~く、眠った!!』

打ちにくいぃ~...、ストレスゥ~!!

======================================
◆さらんご~ら:Saranggolaとはタガログ語で「凧」のこと。
◆意 味:大空を自由に飛び交う凧のように、フィリピンで悠々と過ごしたい。
◆現 実:凧糸の端をカミさんに握られ、動けるのは糸の長さだけ。
◆同意語:お釈迦様の掌の中の孫悟空。
◆Website:さらんご~らのフィリピン隠居事典 http://saranggola.web.fc2.com
======================================

【8月13日(月)】もう少し、もう少し...!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間 7:20
*天候=強い雨
*気温=25.5℃
*湿度=90%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
雨が降り続ける...MNLです。
台風14号の雲のしっぽと偏西風が...、
時より横殴りの強いを雨を降らせています。
雨が止んでいる空とは言え...油断大敵、
突然、豪雨が襲い掛かってきます。
『暫く、太陽...見てないなぁ~!!』

 先日はバックスキン...死語(?)の靴を履いて出かけてしまいました。
突然の雨で防水加工のしていない靴はビショビショ...、
ズボンは膝のあたりまでずぶ濡れになってしまいました。
今の季節...、
サンダル、ショート・パンツが...イチバン!!
傍目など気にしていられません。
 
メンチカツ...喰いてぇ~!!
 このところ、少々...疲労気味です。
カミさんが肘の手術を受けて、もう直ぐ...3週間になります。正確には19日が経ちました。
 手術を受けた当初は、左腕は全く動かすことができないように固定されていました。それはそうですね、長さ13~15センチほども切ったのですから。その長さは、爺の盲腸の傷跡よりも...長い!
 幸いにも左腕でしたので、食べたり、顔を洗ったり、掃き掃除などはできますが、料理や洗濯、シャワーなどの両手を使う作業には支障があります。そこで、田舎から義母や義姉が駆けつけてきてくれました。しかし、そうそう家を空ける訳にはいきません。1週間が過ぎたころから、料理や洗濯を爺が請け負うことになりました。
『長らく料理をしていなかったので...勝手を忘れた!!』

 昔、そう30年ほど前、連れ合いを亡くした叔父が言っていました。
「女の仕事は形が残らない。でも、
 大変な仕事ばかりだ...と、今頃になtって気づいたよ」

 今、その言葉を思い出しています。
掃除にしても、料理にしても...、綺麗で普通、食べれば無くなってしまい、本当に形として残りません。
『残るのは流しに...洗い物ばかり!!』

 夜になると、手術の傷の手当とシャワーの手伝いです。手術した内部は糸で縫合してあるそうです。しかし、表面は開いた部分を、何とか言うテープで止めてあるだけです。テープの上まで血、粘液みたいなものが沁み出しています。小心者の爺としては目をそむけたくなります。
『それでも頑張ったけど...怖かった!!』

 爺としては、形にならない...、なり難い作業をするのは疲れます。しかし、それらをやれずにイラついているカミさんの気持ちも伝わってきます。今朝は朝ご飯のスクランブル・エッグを作ったり、トーストを焼いてくれました。まだまだ不自由な状態が続いていますが、「リハビリ、リハビリ」と言いながら、できることを少しずつ増やして頑張ってくれています。
無理をせず頑張れ...カミさん!!
もう少し頑張らねば...爺!!
『あぁ~、カミさんのメンチカツ...喰いてぇ~!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり18年目
*************************************

【2月23日(金)】コミュートもいいもんだっ!!...??

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間 7:20
*天候=晴れ
*気温=27.5℃
*湿度=76%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 昼間の陽ざしは真夏を思わせる...MNLです。
朝晩の寒さも和らぎ...南国に似つかわしくない表現...ですが、
夜の蒸し暑さも、昼の暑さ同様に戻ってきました。
もう少しすると春分の日...、
こちらは真夏の到来を告げる日...です。
『初めてのフィリピン渡航が3月...暑かった!!』

キョロキョロ...ウトウト...
 先日の水曜日、水曜日は爺の愛車のコーディングです。カミさんを伴ってトライとバスを乗り継いでコミュート、パサイの日本大使館まで行ってきました...パスポートの更新です。
 自らハンドルを握っていては脇見運転はできませんが、料金さえ払えば乗客、バスの中でキョロキョロ、キョロキョロ車窓の外を眺めることもできます。しかし、突然、脇道から飛び出してくるバイクにビックリ、バスの前に割り込んでくる車にハラハラ、青信号でも客待ちをするバスは遅々として進まないバスにイライラです。いちいち見ていると気疲れしてしまいますので、エアコンの冷気の吹き出し口を閉めてウトウトと昼寝をすることにしました。
 アラバン・サポーテ道路からコスタル・ロードに入ると、MIA道路までは自動車専用の有料道路ですので乗降客はありません。
『やっと...走った!!』

 この先は、バクララン、エドサの陸橋を越えれば日本大使館、10分とかかりません...の筈です。
車掌さんに大使館前でバスから降りることができるか...、つまり、爺の都合のよい場所で降りることができるかを尋ねると...“オ、オ”とのことでした。果たして...、大使館の通用口が工事中で、バスを降りた真ん前が大使館の入り口でした。
『こりゃあ~...便利だ!!』

 大使館前にあった駐車場が無くなって久しく、前回、何かで大使館へ行った時は、バクラランの駐車場に車を置いて、ロハスのサービス・ロードをてくてく歩いてきました。後で聞いたところでは、近くのコンビニ・ストアーの前に駐車場があるとのことでしたが、コミュートでは駐車場代も不要です。

 大使館の入り口受付で手続きを済ませ、携帯電話とIDを預け、大使館構内をテクテク...。入り口のセキュリティーは横柄な態度でしたが、構内に立つセキュリティーは愛想がよく、親切に進路を案内してくれました。入り口の受付では、何人かの日本人やフィリピン人と遭遇しましたが、パスポートを申請する窓口には人影はありませんでした。
 『5年用でも充分かなぁ~?!』などと思いながら予め作成しておいた申請書を出すと、2分ほどで手続きが終わりました。実稼働4日で発行されるそうです。
『フィリピン外務省は3か月かかるというのに...』

 午前11時に待ち合わせをしていた友人に電話をすると...
「あっ...」と言ったきり、声が聞こえてきません。
居所を確認すると、爺との約束を忘れてイミグレーションに居るとのことでした。
その後のことを考えて...現地へ向かいました。
(その後のことは...、後日に続く)

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり18年目
*************************************
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ