【6月24日(火)】きょうは...結婚21周年記念日!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間:7:00
*天候=晴れたり曇ったり...雨が降るかも?
*気温=29℃
*湿度=84%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 明け方から蒸し暑くなった...MNLです。
夜中の2時ごろ、トイレに起きました。
その時は肌寒く感じたのですが...、
ひと眠りして後、蒸し暑くなって目が覚めました。
目覚まし時計を見ると午前5時25分でした。、
起きてしまおうか、もうひと眠りしようか、考えている内に...Zzzzzz。
『寒くなったり、暑くなったり...、
 カンカン照ったり...雷雨が降ったり...、
 何とも落ち着かない天候だっ!!』

blog0624.jpg
 今朝のキュウリ畑(?)です。
左半分は、でかいカタツムリに食べられてしまいました。
その後に出てきたのは、種を撒いてもいない...多分、カボチャです。
果たして、キュウリは育つのでしょうか?
育って...欲しい!

なぁ~んか、まがいもの...っぽいな~!!
 6月はフィリピン絡みの記念日が...てんこ盛りです。
その内、東西の横綱級の記念日が...、
きょう24日の...さらんご~ら夫婦の”よくぞもったぞ、結婚21周年記念日!“と、
あす25日の...“あの日が無かったら平凡な人生?”フィリピン・パブ、デビュー記念日です。

 去年の20周年は“陶磁器婚”とかで、余り金目のものではなくて...がっかりしました(笑)。そこで21年目を探してみると、20年から25年へ飛んでしまい、21年目がなかなか見つかりません。やっと見つけたら...真ちゅうだそうです。でも、真ちゅうって、銅と亜鉛の合金...、それに江戸時代だったら...偽小判の材料!?
『なぁ~んか、まがいもの...っぽいなぁ~っ!!
やっぱり、25年の“銀”まで...頑張ろう!!』

(お客人です、暫く...中断!)

 ということは、きょうは“SAN JUN”...水かけ祭りだっ!
21年前のきょうの朝、かしこまって結婚式の準備をしていると、近所の悪ガキものが外でワイワイ騒いでいます。奴ら...、否、彼らとは前回の渡比の際に仲良くなっていました。彼らが待っているのは水の掛けっこで、手にはソフトドリンクスの空き缶やバケツを持っています。しかし、結婚式を放り出して水かけをして遊ぶわけにはいきません。
結婚式が終わって、午後、水かけっこの開始です。

 水かけ祭りの準備をしての渡比でした。日本から持ってきた段ボール箱の中には、“引き出物”のひよこのお菓子と大きな水鉄砲が入っていました。水の入ったタンクを背負い、水鉄砲を構えて外へ飛び出すと、朝から待っていたガキどもが嬌声をあげて逃げ回ります。いい大人が、追いかけます...。
『奴ら、今頃は30歳ぐらいになっているのかなぁ~?!』

 21年目のきょうも...サヌワンです。
外に出て油断をしていると...水を掛けられてしまいます。
『用心...、用心!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************
スポンサーサイト

【6月21日(土)】サウスモールは心霊スポット?...!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間:7:00
*天候=晴れ
*気温=29℃
*湿度=76%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 久し振りにカンカン照りだった...MNLです。
昨夜、パラパラ降った雨は...、
舗装道路を冷やすほどではありませんでした。
でも、それなりに涼しくなり...、
快適に眠りに就くことができました。
『TVを消すのを忘れて...眠ってしまった!!』

 昨夜、2泊3日の里帰りを終えて、カミさんが帰宅しました。
マカティからスーカットまでバスに乗るのですが...、
どのバスも満員で1時間以上も乗ることができず...、
やっと空席のあるバスが来たと思ったら...、
一番前と後ろに見るからに怪しい奴が乗っていたそうです。
バスに乗り込む前から知り合った女性と共に...、
乗るのをやめて、また次のバスを待ったとか...。
『分かるのですで、バスに乗り慣れていると...。
 用心のための回り路...!!』

遺体の身元はフィル・ヘルスのID
 きのうのタブロイド紙の記事です。
水曜日の夜、サウスモールの3階から地階の床に男性が落ちて死亡した...とありました。
事故なのか、自殺なのか...?
記事の中に身元が判明した経緯が書かれていました。それを読んだ時に思わず...クスッ、笑ってはいけませんが、“ポケットの中にフィル・ヘルスのIDが入っていた”そうです。
『何という...皮肉!!』

 そう言えば、4月の半ば過ぎも...、同じように3階から地階へ飛び降りた人がいたそうです。ちょうど、その日は地階の家電屋さんへ行きました。店員たちがその話をしていたので憶えています。何気なく話を聞いていたのですが、店員のひとりが自殺の原因について...“ノイローゼだって!”などと言っていました。
『お前、その人と知り合いかよ?』
事件や事故、加害者や被害者...については、こんな風評が先に広まるのでしょうね。

 サウスモールでの飛び降り自殺、事故は、創業以来5件になるそうです。
今年は、既に4月と水曜日で2件です。
 サウスモールの場合は、地階から3階まで吹き抜け部分があります。一般の家屋やマンションですと、1階分の高さは3.5メートル程度だと思います。3階からでもせいぜい10メートルほど...。でも、モールともなりますと、各界の天井裏には様々なものが入っているようで、3階から地階までですと15メートル以上にも見えます。
『3階から地階を見下ろすと、股間が...冷っ!!』

 地階を歩行中に落ちてきたら...。
水曜日の目撃者によると、頭が割れて中身が出ていたそうです。
“坂本竜馬みたいだなぁ~?!”と思いながら聞いていましたが、先の“ノイローゼ”と同様...
『本当かよぉ~?!』

 50キロ、60キロの肉の塊が落ちてきて、その後の様子など見たくも...想像もしたくありません。ましてや、そんな巻き添えを食っても...。
 実のところは、日々の生活に安全という保証も約束もありません。“取り敢えず、今までは安全だった!”という経験のみで、きょう、あすの安全を約束されているように感じてしまっています。取り敢えず、サウスモールを歩く時は、頭の上に天井、庇のある部分を歩くことにします。
 また、知り合いのフィリピン人から言われました...
“サウスモールでは手すりの近くに行くな!
 下から引きずり落とされる!“
『おいっ、サウスモールは心霊スポットかいっ?!
 こういう話...、苦手なんだよなぁ~!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【6月19日(木)】フォーマットを変えようかなぁ~?!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間:6:30
*天候=晴れたり曇ったり...大雨
*気温=27.5℃
*湿度=90%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 朝晩は涼しくなってきた...MNLです。
昨夜は...夜中に雨が降り出し、
更に気温が下がりました。
エアコンも扇風機も止まっていましたが...、
少しばかり...肌寒く感じるほどでした。
もう、あの暑さの峠は過ぎた...?!
『毎年、こんなもんだったかなぁ~??』

 きのうの昼、カミさんはヌエバ・エシーハの田舎へ行きました。
義父が尿道なのか、尿管なのか...に石をためてしまい、
レーザーで砕いて出しました...出たのかな?
その後の経過の様子見と...、
数日遅れの父の日と...、
きょうの姪の誕生日...、
全部、まとめて...2泊3日の里帰りです。
『と言うことは...、今夜も居ない!
 チャアァ~ンスッ!!(何の?)』

 最近、BLOGの原稿は書くものの...アップできない、しなかったものが、結構な数になってたまっています。義父は石をため...、隠居は原稿をため...、用のないものばっかり...ため込んでるっ!!
 BLOGのフォーマットが良くないのですね。
気温や湿度、“時候のあいさつ”を書いている内に...飽きてしまう。
それに、急用やら野暮用やらに邪魔をされています。
『邪魔される前にささっと書いて...、
アップのできるフォーマットに変えようかなぁ~?!』

流行語大賞より...前じゃん!!
 隠居のBLOG、“マニラの草子”と名付けています。
その名前にこだわる訳ではないのですが、書く内容はフィリピン...、マニラでの身の回りのことを書き綴ってきました。そう言えば...、そう書けば文字面は良いのですが、日本のことを書くことができないほど日本は遠くなり...、世界のことを書くほど見識は広くないので...、身の回りのことばかりを書いています。
さて、前置きはこれくらいにして...。

 暫く前、在比のご隠居さんから日本のTVドラマのDVDをお借りしました。日本で大人気だった...らしい“半沢直樹”でした。それから1~2か月ほどして、原作の“オレたちバブル入行組”と“オレたち花のバブル組”の文庫本を渡比されたお友だちからいただきました。DVDを先に観てしまいましたので、行間に俳優さんの堺雅人さんや出演者の顔がちらついてしまい...邪魔でした。
『やはり、原作本は先に読まなくちゃっ!!』

 話は変わって...、
今月4日、同じ方からまったく毛色の違う文庫本をいただきました。1999年10月、埼玉県の桶川駅前で起きた女子大生刺殺事件を扱った...“桶川ストーカー殺人事件-遺言”という本でした。
 この事件の発生は、同じ埼玉県内に住んでいましたのでリアルタイムで知っていました。しかし、2000年3月にフィリピンに移り住む準備をしていましたので、その後の経緯については...覚えていませんでした。あれから15年も経った今、何で...この本だったのでしょう。
『今度、会ったら...訊いてみようっと!!』

 話が...とっ散らかってしまいました。
実は、“桶川ストーカー殺人事件-遺書”の155ページにこんな記述がありました。
“ちょっとバイトをすれば風俗嬢で、ブランドものを持っていれば依存症か? 勝手なことを書けるのも今のうちだ。お礼は10倍、いや百倍にしてきっちり返してやる・・・・”
『あれぇ~、どこかで聞いたセリフだなぁ~?!』

 そこで奥付やら単行本の発行日を調べてみると...、
“桶川・・・”の単行本の発行が2000年10月、
“オレたち・・・”の方が2004年12月でした。 
『流行語大賞より...前じゃん!!』

 温度や湿度で始めなければ、最初と途中を端折って“実は・・・”からの最後の8行だけで済んだのに...。

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【6月11日(水)】家族の縁を切ってやろう...と思った瞬間!



爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間:6:00
*天候=うす曇り
*気温=27℃
*湿度=90%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 蒸し暑い朝になった...MNLです。
昨夜、雨が降りました。
然程まとまった雨ではなかったのですが...、
コンクリート舗装の道路やトタン板の屋根を冷やす程度の効果はあったようで...、
昨夜は...も...エアコン、扇風機要らずで眠ることができました。
それなのに...
『太陽が出てきたら...蒸し暑い!!』

 昨夜の雨で、今朝の予定を立てました。
“この雨なら、あしたの朝も...曇り!!
 暑くなる前にキュウリの支柱立てをやろう!!“
その目論み通り、朝5時半から起きて準備を始めました。
しかし、お腹が空いてきたので...腹ごしらえ!
これが間違いでした。
メールチェックやニュースを読んでいる内に...お日様が、
もう直射日光を浴びての庭仕事はできません。
午後、日が当たらなくなってから...。
『折角、早起きしたのにぃ~っ!!』

誰が、何と言おうと...“クヤ”だっ!!
 ここ2本、カミさんの従兄弟絡みのBLOGになりました。
ついでですから...、きょうは家族ネタです。
“身内ネタ=ネタ不足”です(汗)。

 きのう、カミさんの姉の家族が...全員ではありませんが...我が家に集まりました。
当然、中心は“弟”と“弟の弟”です。
本当に可愛いですね、孫は...否、“弟”は!!
“クヤァ~!!”と叫びながら、駆け寄ってきてくれます。

 家族、それぞれの呼び方についてです。
まず、“弟”の母親を“マミー”と呼びます。
父親は...“ダディ”、
その妹、叔母さんは...“ママ・ジョアン”、
夫の義理の叔父さんは...“パパ・モサル”。
『あっ、“モサル”です...“おサル”ではありません、念のため!!』

 その弟、叔父さんは呼び捨てで...“デニス”、
5月に結婚したばかりの嫁さんは、“マミー”と同じ名前なのですが痩せていますので...“ジェニー・パヤット”。
まあまあ、ここまでは黙認できる範疇です。

 “マミー”の母親、おばあちゃんは...“ナナイ”、
“ナナイ”のお母さん、つまり曽おばあちゃんは...“ロラ”、
この辺りからひと世代狂い出します。
因みに、カミさんはおばあちゃん世代なのですが...“ティタ”をお押し通しています。
『ったく、孫を騙すなんてっ!!』

 “マミー”は、小さな時に隠居に懐いてくれて、日本から渡比して田舎に滞在していると、いつも傍に居てくれました。朝は手を繋いで小学校へ登校し、校門をくぐり、校庭を横切り、校舎裏の畑を案内され、先生に紹介され、教室の一番の後ろの席に座らされました。その子が、今は二児の母です。“弟”は、来年小学生です。
 昨夜、およそ1年ぶりに見た“マミー”の顔が、すっかり大人になり、母親の顔になっていました。その連れ合いの“ダディ”は働き者で心根の優しい、物静かな男です。“ママ・ジョアン”の夫の“パパ・モサル”は冗談好きで、あちこちに気を使い、これまた良く動く男です。5月に結婚したばかりの“ジェニー・パヤット”とは初見で...まだ、少女、高校生程度にしか見えない女の子ですが、食事の後の片づけや掃除、ひとりで夜遅くまで動き回っていました。
『それぞれ、良い相手を見つけたな...今のところは!!』

 そんな思いで義姉...“ナナイ”の家族を眺めていました。
その時、現実に引き戻される...、“ナナイ”が隠居を呼ぶ赦しがたい声が聞こえてきました。
“ロロォ~!!”
『誰の...こと?』
 一瞬の戸惑いを消すかのように、目の前にいた“モサル”が隠居を見据えて、腹を抱えて大笑いを始めました。
“ハッハッハ...、ロロォ~!!”
『こいつらとは、縁を切ってやるっ!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【6月7日(土)】やっぱり、従兄弟だった...みたい!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間:7:00
*天候=晴れ
*気温=29℃
*湿度=86%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 幾分か涼しく感じられた朝の...MNLです。
きのう、雨が断続的に降ったせいでしょうか...、
夜はだいぶ涼しくなりました。
TVを観ながら、エアコン要らず...、
扇風機の“1”でも身体が冷え込むほどでした。
今朝も30℃を切ったのですが...
『湿度が高いだけに...蒸し暑い!!』

 今、グローブのSIMカードを2枚、スマートを1枚使っています。
主に使っているのはグローブです。
先だって、1枚のSIMに300ペソをロードしました。
すると、グローブから宣伝TEXTが舞い込みました。
普段は読むこともなく、消してしまうのですが...。
グローブ同士ですと、残額をシェアできる...そうです。
相手の電話番号の頭の“0”の代わりに“2”を入力し...、
TEXTの本文にシェアする額を“20”とか“50”と入れて...“SEND”。
これだけでシェアできました。
1ペソかかりますが、どちらかのロードが無くなった時...、
カミさんの残高が少なくなった時など...便利です。
『カミさんからシェアして貰うこと...殆ど、無し!!』

法律を幾つ、つくっても...ねぇ~!!
  おととい、従兄弟が遭遇したと思われる交通事故について書きました。きのう、従兄弟が入院する病院へ行ってきました...カミさんだけ、血、ケガ、病院に弱い小心者の隠居は、とても...行けません。
入院先はパラニャケ市内ですが、ビクータン分でした。ということは、マカティからの帰り道に高速道路の反対車線で目撃した事故、ほんの数メートル先を通過した...あの事故は、従兄弟が巻き込まれた事故だったようです。
 見舞いに行ったカミさんの話によりますと...、
上の歯が殆ど折れ、下の歯が顎に突き刺さったために抜歯、顎、口、目の周りの裂傷の縫合などをし、顔が風船のように腫れあがっていたそうです。
『やっぱり、行かないで...良かった!!』

 僅かに話ができ、聞いた話では...、
高速道路の渋滞でノロノロ運転か停車中...はっきりしない...に、右後方からハンドル操作を誤ったバスが突っ込んできて、前のトラックとサンドイッチなり、飛ばされた。
『サンドイッチになって、飛ばされた...って、どういう状態??
 咄嗟のこと、はっきり覚えている訳が...ないかっ!!』

 エアー・バックが作動せず、運転席に座っていたドライバーは両腕骨折、意識不明状態で、ハンドルは“8の字”になっていたそうです。従兄弟は意識があり、現場から奥さんや会社のスタッフに事故の様子を伝えていたと言います。
『大けがなのに...気丈だっ!!』

 従兄弟はレンタ―会社で働いていると聞いていたのですが...、よくよく聞きますと、そのレンタ―会社の社長というのは、従兄弟の奥さんでした。当然ながらその筋のことには詳しく、バギオから飛んで来て、病院からバス会社への対応を行ったと言います。また、たまたまなのでしょうが、会社の他のドライバーもマニラ来ていて、従兄弟から連絡を受けた同僚が直ぐに駆け付けたとのことでした。
 事故を起こしたバスはハンドルとブレーキ、タイヤに欠陥があり、ドライバーは現場で逮捕、従兄弟の奥さんはバス会社を訴える準備を始めたようです。ついでに、エアー・バッグが作動しなかった車も...。
『なかなかの...やり手?!』

 バスが引き起こす事故が多発しています。この高速道路の上を走るスカイ・ウエイでは、フェンスを乗り越え、下の側道に2度も落下して、死亡事故を起こしています。マニラ首都圏や地方での事故を拾い上げたらきりがありません。バスの整備不良、ドライバーの乱暴な運転、過労などが主な事原因なのでしょう。
 こちらは、どんな法律や規則、ルール、決まりを作っても、それを守ろうとする素養がありません。乗用車、バスの整備に関する法律もあるのでしょうが、登録の時に行うのは排ガス検査だけです。ウインカー...通じない英語“もどき”...やヘッド・ライト、ブレーキ・ランプの検査すらしません。
 信号が赤でも“Go!”、渋滞時には対向車線を我がもの顔で走ります。横断歩道に歩行者が居れば、クラクションを鳴らして蹴散らします。救急車とレースをする輩さえ登場します。従兄弟が巻き込まれたような交通事故、程度の違いこそあれ...、身の回りで、いつでも起きそうです。
『家を出る時は...鎧、兜着用か!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【6月5日(木)】安もののTVドラマでもあるまいし...、でも

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間:7:30
*天候=うす曇り
*気温=30℃
*湿度=82%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 久し振りに30℃で朝を迎えた...MNLです。
その後のことは...どうなるか?
先ほどは雨が降っていました。
蒸し暑い、いやぁ~な天気になってきました。
『中途半端に降られると...辛い!!』

blog0605.jpg
 よくよく見るまでは、“マツバボタン”と呼んでいた花...、
カミさんが義弟...カミさんにとっては末の実弟...の嫁さんから、
“マツバタン”の茎を千切って貰ってきました。
それを肥料の効いた花壇に差しておいたのですが...、
見事に根がついて、大きく育ちました。
ここでよくよく見ると“松葉”ではなく...、丸い葉っぱでした。
そこで名付けて...“丸いマツバボタン”、
今を盛りとばかりに咲き誇っています。
『毎朝の...楽しみ!!』

もしかしたら、あの...事故?!
 昨日、朝から妙な目まいに襲われていました。
しかし、夜、車のコーディング明けにマカティに約束がありました。体調を整えながら早めに家を出て、近くのSM・BFでブラブラしていました。体調が回復しなければ...キャンセルさせていただく算段でした。
『なんとか...なりそう!?』

 午後7時、マカティへ向かいました。
午後8時近くから、10時過ぎまで、食事と歓談で過ごしました。アヤラ・センターの地下駐車場からエドサ、エドサから南ルソン高速道路へ入り、料金所でカードを受け取りました。道路は空いていて、順調だった...のは僅かで、ターミナル3への分岐手前で渋滞が始まりました。此処は、常時渋滞するところですので、いつものこと!...と高をくくっていました。その渋滞は、まだまだ続いていました。
 ノロノロ運転をしていると、対向車線のスカイ・ウエイの支柱にバスが衝突していました。当然ながら思うことは...“居眠り運転?!”か、“スピードの出し過ぎ!!”。事故個所を過ぎると順調に走り出しました。
『何だよ、見物渋滞かよっ!!』

 その後、下り車線は順調で、ビクータンを越え、スーカットで高速を出ました。しかし、反対車線の渋滞は、スカートより先のアラバン方面まで達していました。支柱に衝突したバスだけではなく、他の車線をも塞ぐほど、他の車を巻き込んだのでしょうか。

 話は飛んで...、きょうの昼前、義姉...カミさんの実姉から電話が入りました。昨夜、バギオに住む従兄弟が南ルソン高速道路でバスと衝突して、大けがを負って病院へ収容された...と、一報が入りました。顔に大けがを負っているようですが、詳細が掴めていません。追々、情報が入ってくると思います。
『昨夜...、
 南ルソン高速道路でバスが絡む事故...、
 もしかしたら...あの事故?!』

 あの事故とすれば...、
従兄弟が遭遇した事故現場を睨みながら通過した訳ですし...、
まだ、救急車が来ていなかったら、あの場所に従兄弟が居た訳で...、
安もののTVドラマの設定のようですが、現実にも充分にあり得る...、起こり得ることなのですね。
その事故が従兄弟を巻き込んだ事故なのか、どうか、まだ定かではありませんが、大けがをして入院していることは事実のようです。入院先が分かれば、これから出かけるようになるのか、どうか...。先ずは、入院先辺りから情報を集めなければ...。
『気の良い奴だけに...気の毒だなっ!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【6月1日(日)】物乞いの中に“弟”の姿があったら...

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間:7:30
*天候=晴れ
*気温=31℃
*湿度=72%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 朝の温度測定で31℃が相場になった...MNLです。
ままならない“もどき”体操のために庭にでますと...、
刺すような...、焦げるような直射日光を浴びます。
その瞬間、全身の毛孔から...、
汗腺から汗が吹き出します。
『暑い時には汗をかかねば...!!』

blog0601.jpg
 我が家でカレーを作ると、その翌日のメニューは“カレースープ・ブレッド”です。
某パン屋さんで1個40ペソのパンを買い...、
頭を切って、中をえぐり、その中にカレーを入れます。
スープの中身こそ違いますが、パン屋さんの奥のレストランでも出ている...立派なレストラン・メニューです(笑)。
『パンを丸ごと食べると...、
 いささか...食べ過ぎ!!』

今更ながら...揺れる思い!!
 今更ながらのお話です。
BFのゲートを出て、車で1~2分のところに、エアコン無し...、扇風機だけでブラロを名物にする食堂があります。ふたりに充分なスモールサイズのブラロが100ペソですので、極めて...庶民的です。それにご飯ものを注文しますと、無料のスープが付きます。15~20ペソのBBQ2本、12ペソのご飯をふたつ、無料のスープを貰うと...50ペソそこそこで夕ご飯を賄うことができるお店です。
『高級車に乗った人も...食べに来る!!』

 “汁ご飯”の好きな隠居が行くのは、月に1度か2度程度のことです。
カミさんとふたりで注文するのはBBQ数本、ロンシログ、ご飯、スモールサイズのブラロ、それにパンシット・カントンです。もちろん、無料のスープも付きます。食べ残したカントンを持ち帰り、薄切りのパンに挟んで...焼きそばぱん“もどき”にして食べます。締めて...200ペソデコボコの豪華(?)な食事です。
『実は...
 ブラロより無料のスープの方が...好き!!』

 さて本題です。
このお店に行くと、いつも某電力会社...と言っても、マニラ首都圏では一社か?!...のサービス・カーに乗った人たちと遭遇します。
毎日、来ているのでしょうか?
それとも、別の人たち...?
 そこに、お腹を空かせた...単独行動の男の子と3人兄妹がやってきます。単独行動の男の子には、悲壮感といいますか...、孤独感が漂い...、凄みさえ感じます。3人兄妹の方は、“いつも一緒感”のようなゆったりした雰囲気が漂い、屈託のない笑顔さえ見せてくれます。
『店のテーブルの間をうろつくのが...嫌っ!!』

 単独行動の男の子からは...、
“腹、減っているんだよっ、飯...食わせろよっ!”
“金でも...いいよっ!”
という類の言葉が聞こえてきます。本当はもっと柔らかい言葉なのかもしれませんが、迷惑に思っている隠居には、そんな凄みを帯びて聞こえてきます。
『親は...何してるっ??』

 某電力会社の人たちが、BBQとご飯、無料のスープを買い与えているのを見たことがあります。ただし、相手がひとりの時で、3人兄妹に与えているのは見たことがありません。たとえ50ペソ程度のものでも、3人ともなると...予算を超えてしまうのかもしれません。単独行動で“就食”活動を行っている男の子は、その辺の事情を心得ているのでしょうか。
『空腹では、可哀想とは思うのだけど...』

 そう、歳の頃で言えば、3人兄妹と隠居の“弟”とでは、正に、兄弟の年頃です。3人兄妹の中に“弟”や“弟の弟”が入った様子を想像してみると、不憫で仕方がありません。
そうとはいえ...。
 年端のいかない“弟”や“弟の弟”が身近にいるようになって、今更ながら...揺れる思いを感じるようになりました。
『国や社会、親の責任を云々言っても...、
 今、お腹が空いているんだよな...あの子たち!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ