FC2ブログ

【8月9日(土)】新しい英単語を覚えた...“DEMOLITION”

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:30
*天候=晴れ
*気温=29℃
*湿度=80%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 真夏を思わせる暑さが戻ってきた(?)...MNLです。
今朝は、30分ほど寝坊しました。
尤も、寝坊ではない標準起床時間が曖昧ですが...、
午前7時半に起きると、既に、真夏のような暑さでした。
しかし、西側に位置するトイレは...涼しい!!
『ダイニングとトイレでは...かなりの温度差!!
 4~5℃あるかも...??
 せいぜい1~2℃か?!』

 ボヤボヤしている内に8月になって...、
既に、きょうは9日です。
日本に居る頃は、8月6日、9日、15日は何かと忙しかったのですが...、
こちらに移り住んで14年...、15回目ともなりますと...、
8月が普通の月と変わらなくなります。
でも、お盆だけは憶えている...カミさんが!!(汗)

赤ちゃん...不憫だなぁ~!!
 最近、スーカット道路とプレジデント通りの交差点角にSM・BFパラニャケなるモールができました。水曜日はコーディングに関係のないBFパラニャケに行くことが多くなったのですが、その他の日は、やはり滅茶苦茶デカく...、14~5年もの間通い慣れたSMサウスモールに出かけます。
 今週の木曜日、SMサウスモールへ行こうとBFからアラバン・サポーテ道路に出ました。その途端、目の前にジープが3列横隊に広がって渋滞していました。
『何事...?!』

 その渋滞...、ノロノロ運転はその後も続き、コンド“OHANA”のある右カーブに差し掛かっても解消されません。実は、この辺りは幾つかビレッジに繋がる道路が交差していて、日頃から渋滞する場所ではあるのです。しかし、この日はまだまだ深刻な渋滞が続いていました。
 間もなく、左側に“じゃんけんぽん”の椅子やテーブルを作って貰った注文家具屋さんが見えてきました。何やら、荷物を店の前に出して並べています。その隣の車屋さんのショーウインドーのガラスには、ベージュ色の紙が貼られていました。
『あらっ...、引っ越し?!』

0809-2.jpg
 ところが、その先...道路の反対側が大変なことになっていました。
道路に面して立ち並んでいた筈の...BBQ屋さん、溶接屋さん、車の修理屋さんやマフラー屋さん、扇風機専門(?)の修理屋さん、バッテリー屋さんなどが“打ち壊し”にあっていました。否、実質的には自らの手で撤去していましたが、その周辺にはラス・ピーニャス市の公用車、バランガイの名前の入ったトラック、パトカー、消防車が待機しており...、建物の日影や木陰には制服警官など歓談...、警備をしているようでした。
『あらら、此処は不法居住者だったの...??』

 そこには、見慣れない...隠居の知らない英語の単語が書かれていました。“Dimolisyon”...タガログ語化した英語のようです。後で調べてみたら...「撤去」という意味でした。でも、ただの「撤去」ではなく、「爆発物などによる建物の破壊、撤去、爆破」という意味もあるそうで、住民にとってはただの「撤去」、“Removal”ではなかったのでしょう...、心情的に。
0809-04.jpg
 撤去した建物の資材、家の中にあったであろう家財道具などが、2車線道路の1車線と歩道を占拠していました。また、歩道のところどころにはブルーシートを屋根代わりにした“仮設住宅”が早くもでき、撤去した資材を“使用済み木材”として販売する看板を見かけました。
『突然のことで...、余り、写真は撮れなかった!!』

 でも、どうして...、こうなるまで行政は放っておいたのでしょうか。フィリピン国鉄の線路脇にできた不法占拠住宅...、あれにも“大家”さんが居て家賃を徴収していたケースもあったそうです。道路脇のこうした住宅、店舗にも、当然、お目こぼし料やら家賃もあったのでしょうね。何か、大きな計画が動き出し、本当に邪魔になるまでは、家賃次第、袖の下次第だったのかもしれません。
 数年前、立ち退きにあった不法占拠居住者が抗議のためにスーカット道路に出て、道路を占拠したことがありました...その場に遭遇して、怖かった!!
『あの時は、SMがマンションを作るための撤去だった!』
0809-01.jpg

 今回目撃した撤去作業は粛々と進められているようです。しかし、歩道のコンクリートの上にビニール・シートを敷き、その上に寝かされていたスッポンスッポンの赤ちゃんが不憫でした。

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ