【1月29日(木)】 一転して...名医?!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:00
*天候=晴れ
*気温=25℃
*湿度=82%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ちょっと暑さが戻ってきたような...MNLです。
今朝は7時に起床...、
コーヒーカップ片手に庭に水撒きです。
一時の盛りを終えた菊に蕾がつき...、
ほんのちょっとですがニンニクの花が咲き...、
マルンガイの若葉が風に揺れていました。
『清々しい...朝だぁ~!!』

 しかし、30分ほどして前の道が白く...靄っていました。
否、こんな平地で朝靄がたなびく筈がありません。
近くの建築現場で廃材を焼いているようです。
白い煙はお向かいの韓国人が住む家を...覆い隠そうとしていました。
『こっちへ...来るなぁ~っ!!』

コルセットを見つけた!!
 先週、腰痛が再発して、病院嫌いの爺が大枚350ペソのタクシー代を払って病院へ行きました。あれから1週間が経ち、“携帯電話依存症?”のおっさん医者のいる午前中...午前10時ちょい過ぎに病院を再訪しました。
 1階の受付で診察の手続きをすると...、「きょうは8時から10時までで帰った!」と言います。誰のことかと思って問い質すと...あの“おっさん医者”のことでした。
『何で...10時で帰るぅ~?!』

 取りあえず、レントゲン室へ行って、写真を貰ってきました。しかし、このまま帰るのも癪です。受付に戻って、他の先生にレントゲンの結果を診て貰えないか...尋ねることにしました。すると、受付の女性が電話をかけ、先週とは別の診察室の部屋番号を書いた紙を手渡してくれました。
『セコンド・オピニオンを先に聞いちゃおう!!』

 指定された診察室で受付をすると、何と...5番目でした。手持ち無沙汰ですので、待合室でレントゲン写真を袋から引っ張り出してみました。すると、白い紙が一緒に出てきました。レントゲン写真の所見でした。
 もちろん英語です。医学用語の並んだ所見は、少々...難解です。否、まったく理解できません。そこで、持参しているポケットWiFiのスイッチを入れ、ショルダー・バッグからタブレットを取り出し、早速、英語の辞書で単語を調べることにしました。
『世の中、便利になった!!』

 単語を調べながら、文章を繋ぎ合わせると...、
脊椎の4番目と5番目がずれ、状況はステージ1である。
また、その個所の前面と側面に骨棘ができている。
...とありました。
『なんだよ“骨棘”...って?!』

 “家庭の医学”で調べようとすると、診察室のおばちゃんに名前を呼ばれてしまいました。診察室に入ると、先週の“おっさん医者”とは風貌の異なる...“私はドクター!”みたいな医者が居ました。状況を説明すると、レントゲン写真を引っ張り出して、診断を始めました。その診断は、先ほど辞書で調べて読んだ所見と同じでした。そして...、
前に曲げるとどこで痛くなる?
後ろにそっくり返ると...?
右に曲げると...、左は...?
脚の屈伸をすると...?
おしっこは出る...?
などと、先週の“おっさん医者”よりも親身でした。
 そこで、気になっていた“骨棘”について訊きました。すると、「ある程度の歳になると出てくるもので、レントゲン写真の状況では心配はいらない」とのことで、ひと安心することができました。処方箋を書いて、1枚のカードをくれました。某薬局で薬を買うと30%ディスカウントになるという券でした。
『携帯依存症の医者から、一転して...名医?!』

blog0128-1.jpg
 帰宅途中、某ショッピング・モール内にある...某薬局に寄りました。ひと安心したせいか、疲れが出てきました。薬局の前にあったケーキ屋さんでひと休みして後、薬局で薬を買ってきました。そして、薬局のガラス越しに車いすを発見しました。その後ろの壁に、コルセットのようなものが並んでいました。荷物をケーキ屋さんに預け、再び薬局へ...。
先ほどのレントゲン写真の所見を見せて、コルセットを付けると効果があるかを尋ねました。すると、一番大きな箱を取り、中身を引っ張り出して腰に巻いてくれました。確かに、効果がありそうです。でも...高そう!!
 他の2種類も試してみましたが、効果の違いは予想できました。値段を訊きますと...、1998ペソ、おおよそ5000円です。
『よっしゃぁ~、巻いて...帰ろう!!』

 結局、薬局で骨棘(こっきょく)...ただの語呂合わせ...に効きそうな薬とコルセット、合わせて3000ペソのもの要りになりました。
『夕飯はラーメンで安上がりに済まそう!!』


 blog0128-2.jpg
...でも、300ペソだった!!
 
************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************
スポンサーサイト

【1月24日(土)】 “きょうは怒らないでね”...の約束を守った!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:00
*天候=曇り
*気温=24℃
*湿度=72%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 寒い寒い朝だった...MNLです。
昨夜から冷たい風が吹いていました。
この季節ですから...木枯らし?!
そんな冷たい風が、今朝も吹いていました。
『駄目だぁ~、寒過ぎっ!!』

 この時期、長袖、長ズボンのパジャマ、靴下は欠かせません。
きのう、きょうの寒さでは、それだけでは耐えられません。
パジャマの上に...、
手首、足首にゴム編みのあるトレーナーを重ね着です。
そして、昨夜はフード付きのパーカー...!!
身体がポカポカしてきました。
『ちょっと熱っぽいのか...悪寒が走る!!』

足元を見やがって!!
 おとといの午前中、病院へ行ってきました。
“もし、骨に異常があると...怖い!!”と思い、病院へ行くことを決心しました。しかし、15年乗り続けた愛車、水曜日はコーディングです。そうかと言って、トライに乗るほど命知らず...ではありません。そこで、BFに巣食う...あのタクシーを利用することにしました。
 かつて、まだそのシステムを知らずに、パサイのホテル・ヘルテージまで乗りました。すると、降りる時に250ペソを要求されました。普通のタクシーであれば、初乗りが25ペソの時代でしたが...120ペソ程度の距離でした。そう、倍以上もの料金を請求された...タクシーです。
 病院はBFを出たところです。
せいぜい、初乗り40ペソ+20ペソ程度ですから...150ペソ程度かなと思い、電話で配車をお願いしました。しかし、確認のために料金を訊くと、なんと...350ペソ!!
『足元を見やがってぇ~~~!?』

 タクシーに乗ること10分で病院に着きました。
1階で受付を済ませ、エレベーターで6階へ...。
指定された部屋に入り、申請書に記入して待つこと2~3分、ドアが半開きになった小さな部屋に通されました。そこに居たのは...おっさん風の医者でした。
 症状を説明するとTシャツの背中をまくって背骨、両脇をさすって...「固い!」とひと言。
普段、どんな姿勢で居ることが多いか?...とか、
重い荷物を持ったことがあるか?...とか訊きながら、右手では携帯電話を握り、TEXTを打っていました。
『いい年して...携帯依存症?!
 でなきゃ、真面目に仕事を...やれよっ!!』

 “きょうは怒らないでね!!”と、カミさんに釘を刺されていましたので...、
「この医者、TEXTで忙しいから、他の医者を紹介してくれ!」と言いたいのをじっと我慢していたのですが...、
“痛い時はうつ伏せに寝ろ!”という言葉に...、
「心臓が弱いからうつ伏せに寝られない!
 呼吸ができなくて死んじゃうよっ!!」と、少々強い口調で言うと...、
途端に携帯を手放して、話を聞くようになりました。そして、“心配なら腰の骨のレントゲンを撮っておこう!”...となり、挙げかけた拳骨をおさめることにしました。
『約束通り...怒ってないよ!!』

 診察料は500ペソ...。
患者の症状が治まろうが...、悪化しようが...、
レントゲンを取らずに骨の異常を見逃そうが...、
500ペソさえ入れば...おっさん医者の仕事は仕舞いです。
“500ペソ、毎度...ありぃ~~!!”
また、戻ってくれば...、またまた500ペソ...!!

 行き先が病院と知り...ぼったくるタクシー、
他人(ひと)の痛みは他人事の...医者、
『これじゃあぁ~、怒りたくもなるよ!!』
 
************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【1月21日(水)】 あの痛み...再び!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:00
*天候=晴れ
*気温=25℃
*湿度=84%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 今朝もまた、蒸し暑かった...MNLです。
カーテンをめくり、窓を開けても...、
期待していた涼しい風は流れ込んできませんでした。
続いて、勝手口のドアを開けると...、
東西に抜ける外付けキッチンから...、
冷たい西風が流れ込んできました。
今朝は西寄りの風...でした。
『東風の方が...好き!!』

 先ずは、業務連絡から...。
1月25日(日)にMOAで予定されていました食事会兼新年会は、
爺の腰痛のため、中止...予定なしの延期になりました。
ご迷惑をおかけしました。

 きのう、中止のお電話をした際、友だちが言った言葉が妙に嵌っていました。
“大丈夫という姿勢がない!”...。
腰痛の辛さ、まさに...これです。

 きのうは、だいぶ回復したのですが...、
今朝...夜中の2時18分ごろ、トイレのために目が覚めました。
ベッドの上で仰向けから左下に寝返りを打ちました。
そこまでは順調でした。
しかしその後、再び、あの...強烈な痛みに襲われてしまいました。
ベッドの位置から部屋のトイレに行くよりも...、
廊下の突当りにあるトイレの近いのですが...、
僅か5メートルほどの道のりを歩き...、
用を足して戻ってくるまで35分もかかってしまいました。
まだまだ完全復帰までは時間がかかりそうです。
『夜中に起こされて...、
 カミさんも...大変だ!!』

 午前6時半、再び、トイレで目が覚めました。
恐る恐る歩く姿は、二足歩行を始めたばかりの類人猿です。
窓を開けて、鉄格子にしがみつき...、
空を見上げている姿...。
『あぁ~あっ、早く人並みに歩きたいなぁ~!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【1月20日(火)】 まだ...痛ぇ~!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=6:00
*天候=晴れ
*気温=25℃
*湿度=82%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 蒸し暑い夜明けだった...MNLです。
今朝6時の気温は25℃...、
きのう午前8時の気温は23℃でした。
起き抜けの寝ぼけ頭でも...、
2℃の気温差は明明白白...!!
『今朝はいきなり...Tシャツ!!』

blog0120.jpg
 今朝、カーテンをめくり、窓を開けてみますと大きなハイビスカスが咲いていました。
まだ、庭を歩く勇気がありませんので、窓の鉄格子越しに...パチッ!!¥
『ちょっと、救われたぁ~!!』

 17日の土曜日の朝、顔を洗おうとしたら腰が...ピリッ!! 
その直後、今までに経験したことの無い激痛に襲われました。
脂汗はかくは...、
吐き気はするは...、
脚がしびれるは...、
身体中の穴という穴が開いてしまうような...。
“さらんご~らの凧キャラ”の左足小指が赤く腫れています。
その小指を骨折した時よりも痛かった!...ような激痛でした。
 元々腰痛持ちですから、時々、腰痛に見舞われることがありました。
今回はのっけから激痛に襲われ、ここ4日、寝たり起きたりの生活を強いられています。
『まだ、痛ぇ~っ!!』

 25日の食事会の件、後ほど、お電話します > 参加者の方々

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【1月17日(土)】腰痛で...ダウン!!

朝、顔を洗おうとしたら腰が...ピリッ!!
今まで経験したことの無い痛み...イテェ~!!
1日中、寝たきり...、あしたもやばそう!?

【1月15日(木)】 待望のコロッケを...喰った!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:30
*天候=晴れ
*気温=23.5℃
*湿度=84%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 きょうも寒い寒い朝だった...MNLです。
今朝の温度計、贔屓目に見ても...贔屓する必要はないのですが...
24℃に達していませんでした。
10日に...“多分、今季の最低気温!?”と書きましたが、
今朝は最低気温を更新したのではないでしょうか。
『パジャマの下にTシャツ...2枚着ようかな?!』

 blog0115-1.jpg
火曜日の夜、アラバン・サポーテ道路を走っていると...、
見慣れたシェルのガソリンスタンドの看板に見慣れない数字を発見!!
なんと、無鉛ガソリンが36ペソ台になっていました。
思わずハンドルを右に切ってしまい...“満タン!!”
1100ペソちょいで満タンになりました。
『もっと、もっと...下がれぇ~!!』

【ソース、サンドイッチ、カレー...喰いだめ!!】
 食べるものが難しくなった...と書きました。
それとは関係ないのですが...ちょっと関係あるかな...昨夕、久し振りに料理(?)をしました。
 実は、年末...年末って、いつ頃を指すのかな?...、12月の中旬、TVで日本の映画だったか、ドラマだったかを観ていました。河原のベンチに腰をかけてコロッケを食べるシーンがありました。否、メンチだったかもしれませんが、その時はコロッケに見えてしまったのです。そんなことはどうでもよいのですが...
『あぁ~、コロッケ...食べたい!!』

blog0115-2.jpg
 日本であればスーパーやコンビニ、近くの肉屋へ走れば、直ぐに食べることができます。しかし、こちらでは...。
結局、3週間か4週間を経て、昨夜、出来立て...熱々のコロッケを口にすることができました。昨夜はトンカツソースをかけて...熱々をフゥー、フゥー、サクサク!!
今朝はパンに挟んでコロッケ・サンド!!
自分で作っておきながら何ですが...美味かったぁ~!!
お昼はレトルトカレーをかけて...コロッケ・カレーかな?!
久し振りの自作のコロッケを楽しんでいます。
『これだけ食べておけば、暫くは...大丈夫?!』

 この手の些細なことでも、こちらでは不自由さを感じることがあります。
電気、水、電話、インターネットなどの料金を銀行振り込みで落とすことができません。毎月、毎月、銀行窓口か支払いセンターまで出向かねばなりません。まあ、15年もやっていると流石に慣れますが...。
でも、コロッケは直ぐにでも食べたいですね。

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【1月10(土)】今夜、何を食べようかなぁ~??

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:30
*天候=晴れ
*気温=24℃
*湿度=74%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 寒い寒い朝だった...MNLです。
普段より30分ほど朝寝坊...、
午前7時半過ぎの温度が...24℃、
昨夜はもっと寒かったので...、
多分、今季の最低気温!?
『寒いのは...嫌だぁ~!!』

【抵抗力が落ちただけ?!】
 先日、“運転が下手になった!”と書きましたが、もうひとつ自覚症状のある変化があります。体質が変わってきたような気がします。
 日本であれば熱帯夜の25℃、寝苦しくて仕方が無い筈です。しかし、今では長袖、長ズボン、靴下着用でアングリー・バードの毛布に包まって眠っています。必ずしもアングリー・バードでなくても良いのですが...。これは体質の変化というより、暑い気候に...環境への順応、進化とでも言ったらよいのでしょうか。
『人類の進化を体験中...?!』
 
 それとは別に、食物アレルギーとでもいうのか...、今までと同じもの、同じ量を食べても、食後に胃がもたれたり、身体が痒くなったりの症状が増えました。
『体調の変化ではなく...病気?!』
 
 以前は桃が絶対的に駄目でした。八百屋さんの店頭で産毛むきだしで並んでいる桃を見ただけで、体中が痒くなってしまいました。今は、幾分か軽くなりましたが、桃を触ったり、食べたりはできません。
もうひとつ、ここ数年で鯖が危なくなってきました。駄目と言っても桃ほどではなく、腕や脇腹の柔らかいところが赤くなり、痒くなったり...ならなかったり。
 最近はこれらに加えて...、刺身、海老、魚などに微妙に反応するようになってしまいました。
歳をとって抵抗力が無くなったと言えばそれまでですが、食べられない...、食べない方がいいかなぁ~...という好物が増えてきたことが悲しいです。好物と言えば...、大好きな煮豆、あんこ、お汁粉類を食べても、以前はまったく“平気”だったのが...、今は食べて2~3時間もするとお腹がパンパンに張ってきて“屁気”が催してきてきます。
『外出の予定があると...、お汁粉も食べられない!!
 不遇ぅ~だっ!!』

 ところで、今夜から2~3日、カミさんが留守!
と言うことは...、外食の機会が増える!
さて、何を食べようかなぁ~??!

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【1月8日(木)】 こいつぁ~春から縁起が...悪い!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:00
*天候=晴れ
*気温=25℃
*湿度=79%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 スッキリ晴れた朝の...MNLです。
午前7時を過ぎて間もなく...、
太陽の位置はまだまだ南寄りです。
お向かいの家のマンゴーの木の枝が...、
我が家の庭に日影を作ります。
日影になった庭での“もどき体操”が爽快です。
『春のお彼岸頃になると...、
この日影は無くなる...!!』

【“Voluntary”って、結局...ナニ!!】
 最近、車の運転が下手になったと感じています。
もう40年以上も前...、自動車教習の教習時間は実技が27時間、学科が30時間でした。11月の2か3日に入校して、実技は規定の27時間修了、12月はじめに試験にパス、およそ1カ月で免許を取りました。それなりに運転には自信がありました。
 ところが、このところ...変なのです。
今でも日本人を捨てられず...車庫入れはバックです。およそ300戸ある爺の住むサブディビジョンでも、車庫の中で道路に向かって車が止まっているのは...我が家だけだと思います。最近、車が...我が家であれば車庫の壁、モールやスーパーの駐車場ですと隣との境界線、これらと平行に止まっていないことが多くなりました。そう...若干、斜めなのです。
『ちょっとのことが気になる!!』

 それに、瞬時の判断、状況への反応が...遅くなった!!
こちらで運転を始めて以来、基本的には他車に道を譲るようにしています...実行動は兎も角、そのように心がけています。もし、フィリピン人ドライバーのように“後塵を拝する”ことを由としない運転をしていたら...この国では神経がすり減ってしまいます。
 もともとこんな運転をしていますから、路地から大通りに出る時の他車に対するタイミング...、他車の急な進路変更や発進、割り込み等に対しての判断が遅くなったとしても、事故に繋がるようなことはないのですが...。
『やっぱり、年相応に衰えてきたのかぁ~?!』

 先日...まだ年が改まって、間もない日のことです。
その判断ミスで交通違反を犯してしまいました。運悪く...交通指導員に捕まってしまいました。明らかに爺に非がありましたので、兎に角...低姿勢です。指導員との話は、同乗していたカミさん任せで、タガログ語も英語も解さない外国人を装っていました。

 先ず、違反に関する説明を始めました。
“免許証を預かり、切符を切る。
 違反に応じた罰金を市役所で払う。
 免許証を返して貰う。
 その間、およそ5日間、運転ができなくなる“...でした。

 「選択肢はそれだけか?」...と、つい口を出してしまいました。
すると“Voluntary”...という方法があると言います。その時、“ボランティアの勤労奉仕かな?!”と真剣に思い、ふたりの指導員に訊くと...大笑いをして、「お前、ジョーカーだな!!」、もうひとりは「タガログ語できるじゃん!!」
『ばぁ~か、マジで訊いているんだよっ!!』

 切符、罰金の他には“メリー・クリスマス”、“メリエンダ”などは理解していましたが、“Voluntary”は初めて聞く選択肢でした。そこで、説明して貰うことにしました。
“お前が忙しく、市役所へ行く時間が無いなら、俺たちが代行してやる。
 罰金は目こぼししてやる。
 その代わり、罰金をここで預かる。
 お前に代わって、俺たちが罰金を市役所へ払いに行く。
 免許証は今、返してやる!“...という内容でした。

 そこで、更に...「手数料は幾らか?」、「罰金の領収書はいつ私の手に来るのか?」と確認しました。すると、驚く答えが返ってきました。
“手数料は...無い!、領収書も...無し!”
 更に切符の有無について訊くと...“無い!”。

 その言葉の意味と“Voluntary”のからくりを理解するまで、瞬きを4~5回する時間がかかってしまいました。
『罰金を渡したって...奴らのポケット行き!
 何だよぉ~、早い話が...袖の下じゃん!!』

 皆さんも車の運転には気をつけましょう!!
“Voluntary”の意味は、そう言うことだそうです。

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【1月6日(火)】 新・JPM大好き!...作り

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:00
*天候=晴れ
*気温=25℃
*湿度=82%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 暖かさが戻ってきた...MNLです。
とでも言いたくなった朝でした。
今朝は25℃あり、“もどき体操をしっかりすると汗がにじみました。
でも、風が無かったので...、
近所で行われている住宅の撤去作業に伴うゴミ焼きの煙が...、
爽快な朝を台無しにしてくれました。
『昨夜はまん丸お月さまを眺めて...、
 気分が良かったのにぃ~!!』

【亡母、カミさんの呪縛から解き放たれて...夜更かし!!】
 きのうのBLOGは“亡母の呪縛”でした。一昨夜、昨夜はカミさんがヌエバ・エシーハの田舎へ行って留守でした。カミさんからの呪縛も解け、JPMのリスト作りに精を出してしまいました。
『午前2時過ぎまでふた晩...、
 流石に...眠い!!』

 既存の“JPM大好き!”の一覧から...、
オリジナルの日本語の曲名をアルファベット、あいおうえお順に変更しました。
曲名をクリックすると...、曲単位のページに飛びます。
そこには、オリジナル曲名、歌手名、JPMの曲名、歌手名があります。
右側には動画、MP3を...有る限り埋め込みます。
オリジナルが同じであれば、複数のJPMを1ページにまとめます。
Youtubeなどの動画が削除されることを考慮して...、
できればMP4も埋め込みたいのですが...。
そして、かつてテープ起こしをした歌詞も...。
ついでに歌詞をPDFファイルでDLできるように...。
カラオケのMP4を埋め込めば...完璧です。
...と、ここまで構想を練って、
『こんなもの作って...どうする??
 公開もできないのにPDFなんて...要らんじゃん!!』

 MP3に限っての埋め込みは、既に、およそ70曲が終わりました。
今後は曲名の分からないものを調べたり...、まだCDからMP3に変換してないものの変換などなど...作業は山積み、大変です。
歌詞を載せたのは、まだ...4~5曲程度です。
この歌詞...、多分100曲近くある筈です。しかし、以前、仕事に使っていたMACで作りました。そのCDが何処にあるのかも分かりませんし、ウインドウズで使えるのかも分かりません。歌詞の打ち込みは、然程時間はかかりません。ついでにPDFを作りながら、のんびりやっていきます。
『こんなことをしていれば...、
 直ぐ、午前2時、3時になっちまう!!』

 およそ30年前に初めて聴いた...“Minsan”、“なごり雪”がきっかけになって集めたJPMです。ホームページにリストを作り、リンクを貼ってひと段落、終わった積りでいました。このリストをご覧になったからメールをいただき、お友だちもできました。今、その友だちの呪縛に遭い...、その方が名付けた...“新・JPM大好き!”リスト作りを続けています。
『生涯の...しごと??
 いつ完成することやら...』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【1月5日(月)】 正月の我が家のしきたり...?!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:00
*天候=晴れ
*気温=24℃
*湿度=86%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 普段の生活に戻りつつある...MNLです。
朝、“もどき体操”をしようと玄関のドアを開けました。
その途端、庭に妙な匂いが...!!
満開のニンニク・カズラが芳香(?)を放っていました。
その匂いは、まさに...ニンニク!!
風が無い分...強烈でした。
『天は二物を与えず...、
 花は綺麗なのですがねぇ~!!』

0105.jpg
ニンニクの匂いを発し、その名に恥じない...ニンニク・カズラの花
そろそろ...お仕舞です。

【亡母の呪縛からの...解放?!】
 我が家には正月のしきたり...、私だけが逃れられない亡母の呪縛なのです。カミさんには影響はないようです。
 例えば、前にも書きましたが...、元旦は“新年の儀式”に参加する。
午前7時に起きて、8時には食卓につき、新年のあいさつを交わし、お雑煮を食べる。この儀式に参加しないと、お年玉を貰うことができませんでした。この時は、亡母が用意した新しい服...下着からシャツを新調してくれました...を着ることになっていました。それほど裕福な家庭ではありませんでしたので、セーターやジャンパーまでは手が届かなかったようです。しかし、綿入れの半天やちゃんちゃんこは、よく作ってくれました。
『セーターやジャンパーを着ている友だちに...、
 半天は妙に...誇らしかった!!』

 “松の内は身を切らない!”。
つまり、床屋さんへ行って髪を切ったり、爪を切ったりは...御法度です。
 “松の内は鳥獣の肉を食べない!”
でも、魚は良かったようです。
 “三か日は洗濯物を干さない!”
何でなのでしょう...??
...てなことは、小さい時から否応なしに言われなければ身に付きませんね。
『今の時代、絶対...通用しない!!』

 市中見回りに出かけた2日の朝、そんな我が家の掟をカミさんと話をしながら...、
「年内に床屋さんへ行くの忘れた!」
「足の爪は切ったけど、手の爪は忘れた!」
「クリスマスに食べたBBQ...、美味しかったね!!」
などと話をしていました。 
 すると...、
「じゃあ、後で爪を切ってあげる。
 スーパーへ行きながら床屋さんへ寄って...、
 夕ご飯はBBQを食べようか?!」...だって。
『○※△×◇...、
 聞いてないじゃぁ~んっ!!』

 しかし、なにをするにも指の爪があたり...気持ち悪っ!!
きのう、カミさんはヌエバ・エシーハの田舎へ出かけて留守でした。そこで昨夜、松の内も三か日も理解していないであろうカミさんですから、居ない内に爪を切ってしまおうと思いました。しかし、そこでふっと...“夜、爪を切ると目がつぶれる!”。
『呪縛から...逃れられない!?』

 今朝...“もどき体操”を終え、ニンニクの匂いを嗅ぎながら、庭のベンチで爪を切りました。
今まで守り通した仕来たり、掟、呪縛でしたが...、そろそろ賞味期限切れ、呪縛からの解放の時でしょうか?!
『あぁ~っ、スッキリした!!
 爪を切ったばかりでは...ないぞ!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ