【3月28日(土)】爺、ラストスパァ~~トッ!!

 先ほど、田舎から...
4月1日に“弟”と“弟の弟”が来る!!...と連絡が入りました。
月末までに...、
意地でも...、
諸々、片付けなければ...なんねぇっ!!
ラスト...スパァ~~トッ!!
スポンサーサイト

【3月27日(金)】やっと、先が...見えた!!

 年度末の忙しさ...、やっと、先が見えた!!
あと2~3日で...ひと段落。
日本は月が変われば新年度...、
こっちは月開け早々...復活祭。
4月はこっちの暦を優先しよう!!

【3月25日(水)】おはぎの準備



お彼岸があけてからおはぎの準備...、
罰は当たらんだろう!?

【3月20日(金)】おはぎを作る暇も...ないっ!!

忙しい...、
兎に角、忙しい...、
滅茶苦茶、忙しい...!!

日本の年度末の煽りを受けて...、上を下への大さわぎ!!
お彼岸というのに...、
小豆ともち米を買ってきたというのに...、
おはぎを作る時間もない!!
いつまで続くのだろう??

【3月13日(金)】ついつい100円の積りで...!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:30
*天候=晴れ
*気温=26℃
*湿度=78%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 スッキリ晴れた朝の...MNLです。
おとといはどんよりした曇り空で夜が明けました。
庭いじりには絶好の空模様でしたが...、
“もどき体操もどき”を始めた頃...、
ポツポツと冷たいものが降ってきました。
その後、夜まで...本降り!
庭仕事も...、車の掃除も...中止!!
『チャンスだったのにぃ~っ!!』

 きのうは、カンカン照りの天気に加え、滅茶苦茶な忙しさ...、
庭いじりも車の掃除も...、昼寝も無し!!
書きかけのBLOGの原稿も...ボツ!
なかなかうまく...いかない。

275円ショップ!?
 先日、スーパーマーケットのロビンソンが入っている小さなモールへ行ってきました...、BFのゲートを出て、直ぐのところにあります。このモールの2階に日本の100円ショップ...“DAISO”ができていました。1階には...“日本城”があります。その“日本城”の壁面に“DAISO”の文字、フィリピンの“DAISO”と“日本城”...、何か関係があるのでしょうか?
『“日本城”というネーミングも、ナンですが...』

 日本で“100円ショップ”へ行ったのは数回...多分2回ほどで、殆ど記憶もありません。しかし、以前からある“日本城”には、何を買う...、探す訳ではありませんが、ちょくちょく顔を出していました。日本の100円ショップのイメージで出入りをしている内、妙なことに気付きました。
 例えば、商品名に“キッチン”という言葉があったとします。その“キッチン”が“キシチン”になっていたり...、縦書きの“スマート”の“ー”が横向きになっていたり...、これでは日本の店頭に出せません。勢い、外国向け...!!
『こっちだったら...、“ツ”も“シ”も同じようなもの!!』

 そうなると気になるものです。
マグカップの取っ手が、どう見ても上下が...反対!!
パッケージの印刷に色ズレがあったり...。
見た目ではじかれた商品は納得づくで買えばよいのですが、もしも日本では使用不可な塗料や原材料が食器や食品に使われていて、それが理由ではじかれて、こちらに来ていたら...?!
『その可能性...、無くも無いかも?!』

 先日は、まっすぐ2階へ上がり、新規開店の“DAISO”へ...。
店内は新しい割には乱雑...、通路に商品の入った段ボール箱が置いたまま、商品が床に落ちたままでした。まあ、こちらでは珍しくもない光景ですが...。
 段ボール箱と床に散らかった商品を避けながら...本当は蹴散らしたい気持ちを抑えて...、庭仕事用の軍手とサンダル、芝刈り用の折り畳み式の椅子、缶切り、ドライバーセット、10本セットのボールペン、PC用のイヤーフォン、軽石とヘチマの入った木製の桶(桶が欲しかった)を、ついつい籠の中に入れてしまいました。88ペソが7点、66ペソが1点、合計682ペソでした。考えてみたら...、円安の今時、100円は36ペソ、日本なら8点で800円でも、こちらではおよそ1900円!!
『高ぇ~~っ!!
 ついつい、100円の積りで買っちまった!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【3月10日(火)】“弟の弟”と“末の弟”が帰ったら...義弟が来た!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:30
*天候=晴れ
*気温=26℃
*湿度=72%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 冷たい風が吹き荒れていた朝の...MNLです。
東に面した窓にかけたカーテン...、
普段なら鉄格子の影だけが幾何学模様を映しています。
しかし、今朝はマルンガイの細い幹が...、
風に煽られて曲がり...、葉の影が踊っていました。
『庭仕事にもってこいの...季節!!』

 きのうの夕方、午後8時過ぎになっていたので...既に夜、
アラバン・サポーテ道路が大渋滞でした。
普段とは渋滞の雰囲気が違います。
対向車線に車が走っていません...『事故か?!』
車のいない対向車線を...、
2台の救急車が逆走していきます...『事故!!』
2~300メートルのろのろ運転を続けると、
交差点の真ん中に救急車が止まり、
担架が道路に置かれていました。
オートバイとバンによる衝突事故のようです。
こちらのオートバイ...、
まるで泥棒猫のように隙間を狙って暴走します。
事故が起きない筈がありません。
『自爆するのか勝手だが...、
 他に迷惑をかけるなよっ!!』

オフクロの味!!
その渋滞を縫って、我が家に辿り着きました。
我が家の前に見慣れた義弟の車が止まっていました。カミさんも留守で、中に入れなかったようです。先日、修理に持っていった折りたたみ式の自転車をもってきてくれました。代わりにマウンテン・バイクも修理する...と言います。ちょうどそこにカミさんが帰ってきて...、
「食事は...?」とカミさん...、
「夕方、食べた!」と義弟。
「ピナクベット...あるよ!」とカミさんが言うと...、
「誰が料理したの?」と義弟。
「帰る前にお母さんが作った!」とカミさんが答えると...、
「お母さんの料理なら...食べる!!」
『オフクロのピナクベット...、
 バゴオンたっぷりだから...駄目!!』

 既に“アラフォー”に達し...、結婚してふたりの子持ちになっても...、子どもの時から食べ慣れた母親の手料理のピナクベットが懐かしいようです。
「〇〇〇(義弟の嫁さんの名)は作れないから...」と義弟...、
「仕方がないよ、タガログだから...」とカミさん。
ピナクベットはイロカノ料理です。義弟の嫁さんはマニラ育ち...、イロカノ料理は不得意のようです。暫くの間、姉弟のお喋りが続きました。
『いいオッサンになっても...、
 オフクロの味は...懐かしい!!」

 義弟と初めて会ったのは、彼がニキビ面の高校生の時でした。将来の夢は...と訊いたら、ビジネスマン!...と答えた義弟でした。今は、その夢が叶ったのか、どうか知りませんが、電気技師として大きな現場を任されたり、シンガポール、香港、中国の現場まで出かけているようです。そのせいか、最近は鼻息が...荒い!!(笑)
 今の現場は我が家の近くです。彼が買った建売住宅はリサール州で、通うには遠いのでアパート借りたそうです。
『“偶には晩飯を食べに来い!!」とは言ったものの...、
義母譲りのピナクベットが増えたら...キツイナ!!』

義弟は大学を卒業して、職探しをする間、我が家に居候していました。その時に憶えた日本語は、カツドン、ラーメン、サシミ...でした。
『今度遊びに来たらサシミでも食べに行こうか!!
 勿論、奴の車で...、奴の運転で...、奴のおごりで...!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【3月9日(月)】思い切り...遊びたいなぁ~!!

隠居の“クヤ”馬鹿日誌
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:00
*天候=晴れ
*気温=25.5℃
*湿度=70%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 涼しい風が爽快だった朝の...MNLです。
庭に出ての“もどき体操もどき”...、
直射日光を避けながら...、イチ、ニー、サン。
その様子を察した“弟の弟”が庭に出てきて...、
脚にまとわりついてきます。
下は芝生ですので...、
腰を痛めないように気を使いながら...レスリング!!
『あぁ~、思い切り...遊びたいなぁ~!!』

【手加減と我慢】
 おとといの晩から“弟の弟”と“末の弟”が遊びにきています。
“弟”と一緒の時の“弟の弟”は、やんちゃ坊主そのものですが...、
“末の弟”と遊んでいる時は、すっかり...“クヤ”になっています。
お兄ちゃんとしての自覚なのか...、手加減と我慢をしています。
『僅か3歳だけど...、成長しているなぁ~!!』

 その“弟の弟”、爺が出かけて帰ってくると...、
真っ先に飛びだしてきて、車庫の扉を開けて...、
「クヤァ~、サン・ダ・イカウ?(と聞こえる)」と大声を発します。
『何だろう?』と思って彼の祖母に訊くと...、
「Saan galing ikaw?」と言っているそうです。
『まだ通訳が必要だけど...、
 いの一番に駆け寄って来られると...可愛い!!』

 “弟”たちの体力と爺の体力は...反比例、
どこかで手加減と我慢をする立場が...入れ替わります。
『もう直ぐ...田舎へ帰ってしまうけど、
 3~4日の逗留が爺の体力の限界かも...!?』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【3月3日(火)】天と地がひっくり返っても...無風!?

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:00
*天候=晴れ
*気温=25℃
*湿度=68%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 早朝からの水撒きが日課になってきた...MNLです。
夕方、カミさんが庭に水を撒きますが...、
夜の間に吹く風のせいでしょうか...、
朝になると鉢の表面の土は乾き始めています。
裸足になって“もどき体操もどき”を兼ねての水撒き...、
爺の日課になってきました。
『否、土の上っ面が濡れただけかも...?!』

日本では絶対に...無いなっ!!
 きのうは文字が小さい!...と愚痴りました。
きょうは、先日、貰ってきたGLOBEのパンフレットです。
blog0303.jpg
10ページ...ってことはないか...12ページほどのパンフレットのページをめくっていると、突然、レイアウトの天地がひっくり返っていました。表紙を広げると...写真の通りです。
『なんで...??』

 なんで、こんなことになるの...??
今の印刷方法について詳らかではありませんが、コンピュータで面付けする際に天地がひっくり返ってしまった...のだと思います。印刷、製本されるまで、気付かなかったのですね。
 いつ印刷されて、納品されたか知りませんが、天地がひっくり返ったままのパンフを配布している...使っている...ことに、なんで...??

 今、正に作り直している最中なのか...?、
Globeに作り直す予算が無いのか...?
印刷会社がミスを補償しないのか...?
いいや、ひっくり返せば大丈夫!!...なのか?
『ドコモやAU、SB...では、絶対に...無いなっ!!』

 これがまかり通るフィリピン...、
それはそれで...よいのかも?!

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

【3月2日(月)】カミさん任せの...ツケ?!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:00
*天候=晴れ
*気温=25℃
*湿度=76%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 冷たい風が吹いていた...MNLです。
東に面した窓のカーテンには...、
くっきりした鉄格子の影が映っていました。
カーテンをめくると...、
窓ガラスとカーテンの間の空気が温められていました。
窓を開けると冷たい風が流れ込み...、
寒暖空気が混ざって乱気流が起きたような...。
『起きてない、起きてない...!!』

 ここ2日間、陽が落ちかけてから急用ができ...、
おとといはマカパガルのダンパへ行ってきました。
給料日の月末、土曜日とあって、どのルートを選んでも渋滞は...必至です。
しかし、一番混んでいたのは...BFのアギレ通りでした。
 そして、昨夜はMOAへ...。
前夜と同じルートを取ったのですが、MOAまでは順調でした。
しかし、アリーナを越えた途端、フロントガラス越しに人、人、人...。
コンベンション・センター...SMXからは雪崩のように人が出てきました。
『昨夜は車の大渋滞...、今夜は人...、
 ちゃんと横断歩道を渡ってくれぇ~?!』

文字が...小さ過ぎ!!
 きのう、親戚宅に宅配便を送ろうと思い、LBCへ箱を買いに行きました。
カウンターで箱があるかを尋ねると...、“申請書(?)に記入して”と言われました。しかし、普段はこの手の仕事はカミさん任せで、こんな用紙を見たこともありません。解るのは、“Sur Name”、“First Name” 、“Middle Name”、“Address”、“Contact No”...のみ、他は文字が小さくて老眼鏡を駆使しても読めませんでした...(嘘)。
『解らない単語が多いけど...、文字が小さ過ぎ!!』

 申請書には送る物品や価値を書く欄がありましたが、まだ中身の全容は決まっていません。そこで、名前、住所、電話番号などを書いてカウンター行き、先ほどのおにいちゃんに申請書を渡そうとすると...、「用はなんだ?」と言います。そこで、先ほどの続き...「箱はあるか?」と訊くと、「ある!」といいます。「これぐらい(両手で大きさを示す)の箱は幾ら...?」と訊くと、「箱は売らない!」と。
『なんだよぉ~、
 申請書必要ないじゃん...早く言えよ!!』

 それもありますが...、この手の作業をカミさん任せにしていたための経験の無さ、無知...を反省しつつ、申請書の文字の小ささに苛立ってしまいました。
『カミさん任せのツケ...?!
 教えて貰わないと駄目かなぁ~?!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ