【11月21日(土)】お金持ちは心配だろうな...!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:30
*天候=晴れ
*気温=28℃
*湿度=74%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 きのうの強い風が残っていた...MNLです。
東に面した窓ガラスを開けると...、
日中とは違った涼しい風がカーテンを揺らしました。
でも、玄関から一歩庭に出ると...、
刺すような日差し...
『11月というのに...、
 きょうも暑くなりそうだ!!』

 18、19日のAPEC...対外的には無事に終わりました。
しかし、要人の乗った飛行機を優先的に離発着させた結果...、
国内外便で欠航便が出る事態となり...、
航空会社で損失が出たばかりではなく...、
利用客にも大きな混乱があったようです。
更に、マニラ首都圏の交通規制の陰で...、
通勤ができず、迷惑を被った人も少なくなったようです。
こんなことを書くと叱られるかもしれませんが...、
フィリピンはAPECで何を話したのでしょうね。
『参加することに意義...ありっ??』

ATMからお金が盗まれた...!!
 きのう、知り合いの日本人から...
「知らない間にATMからお金を降ろされてしまいました」
と連絡がありました。詳しくお聞きすると...、

・普段、給料が振り込まれてくる口座で公共料金を支払っています。
:えっ、口座から...?
・はい、ネットバンキングで...。
 さっき、その口座の残高を確認したら、数十ペソしか、残っていませんでした。
 17日にATMでお金を降ろしましたが、
 その翌日、MEGA BANKのATMでほぼ全額が引き出されていました。
 現金を引き出す前に残高確認がされていたことも分かりました。
:残高確認したことまで分かるの?
・はい、手数料が発生するようで、引かれていましたから...。
:なるほど...。
 で...?
・主人に確認したら、○○でATMを使ったのは1回だけで、××銀行のATMだったようです。
 ですから、MEGA BANKのATMは使っていない...ということでした。
 で、やられた!!...と分かった次第です。
 こんな場合、どうしたら良いのでしょう?
:先ずは、口座を閉鎖するか、暗証番号を変える。
 それまでは口座に現金を入れない...程度しか、対抗策を考えられないね。
 以前、同じような被害に遭った友だちがいるので、訊いてみようか...?
・お願いします。
...ということで、10年来の友だちに電話をしました。

 私が友だちと電話で話をしている間にご主人が銀行へ行き、対策を練ってきたそうです。
口座はそのままにして暗証番号を変えたが、被害に遭ったお金の賠償はしない...とのことでした。
また、どこのATMで引き出されたかは、“分からない”という答えだったそうです。
『分からないことはない!!...と思うのだが??
 面倒なのか...?!
 教えないだけ...!!』 

 友だちの対抗策も同様でした。
ただし、友だちの場合は“分からない”のではなく、いつ、どこで、下ろされたかは、個人情報ではなく銀行内部の情報なので、弁護士を立ててそれなりの手続きが必要...とのことだそうです。
 知り合いの弁護士さんに相談したところ、1回の手続きに5000ペソの費用がかかり、回答が得られるまでに手続きを何回行うか...。その都度5000ペソかかり、その結果、被害金額が戻ってくるか、どうか...。そこで、暗証番号を変え、暫時、口座を使わないことにしたそうです。
 犯行の時間や場所が分かって、そこにCCDカメラがついていれば、犯人の姿を確認する程度のことはできます。YOUTUBEやTV局に“チクル”なりすれば、犯人を特定して、捕まえることができるかもしれないのに...。
『非協力的だよなっ...銀行!!』

 過去にATMに取りつけられたデータ読み取り装置(?)はカミソリ程度の厚さで、カード挿入口から押し込んで設置ができ、外見から異常を判断することは難しい...ようです。銀行にせよ、ATMを管理する会社にせよ、セキュリティーや事件に対してこんな状況では、自己防衛するしかなさそうです。でも、身近なところで、こんな事件が起きているなんて...。
『お金持ちは...心配だろうな!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり16年目
*************************************
スポンサーサイト

【11月14日(土)】チンゲン菜の筈だが...


種を蒔いて、およそ1か月...、
完成予想図が見えてこない。
ほうれん草か小松菜になってしまいそう...??
種を植える深さが1センチとあったが...、
それが間違いだったかも...、
茎が土から出てきてしまう。
次回はもう少し深く植えてみよう、
次があれば...だが。

【11月13日(金)】どっちかなぁ~...?!

きょうは13日の金曜日...、
でも...大安。
フィリピン在住の日本人にとっては...、
どっちかなぁ~...?!

【11月7日(土)】早く始めればよかった...!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:30
*天候=晴れ
*気温=29℃
*湿度=78%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 いつまでも暑い暑い...MNLです。
今年は“マイルドなエル・ニーニョ”現象が生じ...、
“来年の第一四半期まで続く”と報じられています。
11月から翌年2月頃までは一番良い季節なのですが...、
ことしから来年にかけては、辛い季節になりそうです。
『サンタの衣装、長袖、長ズボン...、
 辛いクリスマスになりそうだ...!!』

 普段はPCを立ち上げるのが面倒で、
タブレットを使ってBLOGの原稿を投げ込んでいます。
久しぶりにPCからの書き込みをしようとしたら、
前回のPCからの書き込みは1か月以上も前の...10月4日でした。
その時の主役...だったセキュリティー・ガード君、
その後、全く姿を見えなくなってしまいました。
季節柄の転勤なのか...、
それとも訪日前のトレーニングにでも入ったのか...?
『餞別に会話本でもあげようと思っていたのに...』

青竹踏みを...買った!!
 突然ですが...、
足の指の裏側...柔らかいところにしこりができませんか?
隠居は若いころからしこりができ、手の指先でしこりをつまんで...足の指でつかむのは難しい!!...コリコリとマッサージをすると痛痒いものの、足の疲労が抜け、楽になります。そんなことを数十年していたのですが、先日...2~3日以上、数週間未満...“88ペソショップ”でプラスチック製の“青竹踏み”を見つけました。
『これだっ!!
 なんで、今まで、気が付かなかったのだろう...?!』

aodakefumi.jpg
 帰宅後、早速、ダイニングの床の上に青竹踏みを置き、足を乗せて...土踏まずをトントン、指の付け根をゴリゴリ...、指のお腹を...コリコリ!!
『気持ち...いいぃ~!!』

 10分も続けていると足がポカポカしてきました。すると、あぁ~ら不思議、ふくらはぎがモヤモヤ...、向う脛がムズムズしてきました。多分、足の部分の血行が良くなり、ふくらはぎや向う脛が刺激されたのでしょう。
 しかし、ふくらはぎと向う脛は青竹踏みでコリコリする訳にはいきません。そこで、右手でグーを作って、10分ほどゴリゴリすると、膝から下もポカポカしてきました。その晩はよく眠れて、トイレに起きたのはたった1回のみでした。手の指の関節の痛みのためにコリコリのマッサージができなくなり...、足の冷えを自覚してから数年...、放っておいた足の指のコリコリでしたが、ここ数日は青竹踏みとグーのゴリゴリを続けています。
『青竹踏みにこんな効果があるなんて...、
 早く始めれば...よかった!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり16年目
*************************************

【11月4日(水)】2年連続...

カミさんの実兄の嫁さんの弟の奥さん...が、
10月30日に亡くなり、きょうがお葬式...。
去年のきょうは、近所の頑固爺さんのお葬式...、
2年連続、同じ日に...お葬式なんて。

旦那さんとは移住前からの顔見知り...、
移住後もいろいろと世話をやいてくれた人。
お通夜で彼と顔をあわせても「ご愁傷さま」などと言えず...、
「寂しいよ」と言って肩を叩くだけ...だった。
お通夜、お葬式は...辛いね!!

追記
11時時からの式は遠くから参加...基本的にはキリスト教の宗教儀式には不参加...、
埋葬はお見送りだけで失礼しました。
埋葬をする際、隣近所の墓所の上を行ったり来たり...、
被埋葬者のプレートの上も土足で...。
やっぱり火葬の方が...いい!!
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ