【1月5日(月)】 正月の我が家のしきたり...?!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:00
*天候=晴れ
*気温=24℃
*湿度=86%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 普段の生活に戻りつつある...MNLです。
朝、“もどき体操”をしようと玄関のドアを開けました。
その途端、庭に妙な匂いが...!!
満開のニンニク・カズラが芳香(?)を放っていました。
その匂いは、まさに...ニンニク!!
風が無い分...強烈でした。
『天は二物を与えず...、
 花は綺麗なのですがねぇ~!!』

0105.jpg
ニンニクの匂いを発し、その名に恥じない...ニンニク・カズラの花
そろそろ...お仕舞です。

【亡母の呪縛からの...解放?!】
 我が家には正月のしきたり...、私だけが逃れられない亡母の呪縛なのです。カミさんには影響はないようです。
 例えば、前にも書きましたが...、元旦は“新年の儀式”に参加する。
午前7時に起きて、8時には食卓につき、新年のあいさつを交わし、お雑煮を食べる。この儀式に参加しないと、お年玉を貰うことができませんでした。この時は、亡母が用意した新しい服...下着からシャツを新調してくれました...を着ることになっていました。それほど裕福な家庭ではありませんでしたので、セーターやジャンパーまでは手が届かなかったようです。しかし、綿入れの半天やちゃんちゃんこは、よく作ってくれました。
『セーターやジャンパーを着ている友だちに...、
 半天は妙に...誇らしかった!!』

 “松の内は身を切らない!”。
つまり、床屋さんへ行って髪を切ったり、爪を切ったりは...御法度です。
 “松の内は鳥獣の肉を食べない!”
でも、魚は良かったようです。
 “三か日は洗濯物を干さない!”
何でなのでしょう...??
...てなことは、小さい時から否応なしに言われなければ身に付きませんね。
『今の時代、絶対...通用しない!!』

 市中見回りに出かけた2日の朝、そんな我が家の掟をカミさんと話をしながら...、
「年内に床屋さんへ行くの忘れた!」
「足の爪は切ったけど、手の爪は忘れた!」
「クリスマスに食べたBBQ...、美味しかったね!!」
などと話をしていました。 
 すると...、
「じゃあ、後で爪を切ってあげる。
 スーパーへ行きながら床屋さんへ寄って...、
 夕ご飯はBBQを食べようか?!」...だって。
『○※△×◇...、
 聞いてないじゃぁ~んっ!!』

 しかし、なにをするにも指の爪があたり...気持ち悪っ!!
きのう、カミさんはヌエバ・エシーハの田舎へ出かけて留守でした。そこで昨夜、松の内も三か日も理解していないであろうカミさんですから、居ない内に爪を切ってしまおうと思いました。しかし、そこでふっと...“夜、爪を切ると目がつぶれる!”。
『呪縛から...逃れられない!?』

 今朝...“もどき体操”を終え、ニンニクの匂いを嗅ぎながら、庭のベンチで爪を切りました。
今まで守り通した仕来たり、掟、呪縛でしたが...、そろそろ賞味期限切れ、呪縛からの解放の時でしょうか?!
『あぁ~っ、スッキリした!!
 爪を切ったばかりでは...ないぞ!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

絶滅したかも。

こんばんは、さらんご~らさん。

母からは、「お金持ちの家の娘はもらうな」・「飴をあげて、がりっとかじる娘はもらうな」と言われた事が有って、妙に記憶に残っています。繰り返し言われた訳ではないんですけどね。
「親の小言となすびの花は、千に一つの無駄がない」そうですから、さらんご~らさんもキチッと守りましょうね、ハハハ。

手作り半纏は良いですね。温かいんですよね。私は今でも愛用しています。日本の風土には合っています。
私は寝相が悪く、ドテラの内側の生地をよく破りました。母は手拭いで全体を補修してくれましたが、もう補修したドテラを使う事もありません。やる人がいませんからね。
思えば、針仕事をする「母」なんて、もう絶滅したかもしれませんね。寂しい事です。

ニンニクカズラは臭いが判りませんので、綺麗だなぁ、と思います。強く匂うと思いませんが、今ならさらんご~らさんの部屋でドリアンを食べても判らないかな?!

夜爪を切ると

夜爪を切ると私らのところでは『世詰め』と言って寿命が縮むと教えられて来ました。それと夜に口笛を吹くと蛇が集まるとか・・・・まだあったな、霊柩車を見たら手の親指を隠せとか・・・・

柘榴や無花果は人の鳴き声が好きだから家の周りに植えるなとか・・・等々日本には沢山の言い伝えが有りますが、地方によっても違うのですねきっと・・・

そう言えば『お節料理』も3ヶ日食べ続けると言いますが、やはり持っても3日なのですね、作った黒豆は明日はもう駄目ですね(泣)

あっそうそう、前回の投稿でガソリンの値上げの話が出ておりましたが、これも同じCaltexでも場所によって値段が違うようです。

先程給油してきましたが、リッター当たり20センタボの値上がりで留まっておりまだかろうじて48ペソ台でした。

Re.絶滅したかも。

yu、絶滅しましたね針仕事...、我が家系では!!
”親の小言と冷酒は、その時よりも後で効く!”は、亡父からでした。
“いつか、解る時がくる”...という意味だったのでしょうね。
酒呑みらしい言い方でした。

 こちらでも半纏が欲しくなります...こんなに寒いと。
でも、今朝は25℃ありました。

 昨夜は凄かったですよ。
満月とニンニクの臭い...ドラキュラはどうすのか、考えていました(笑)。

Re.夜爪を切ると

大将...、“ザクロは人の肉の味がする”とかで、屋敷内に植えては駄目と言っていましたね。

 夜は当然暗いですから、爪を切る時に目を近づけます。
すると、切った爪が飛んできて、目に入る=目が悪くなるそうです。
風が吹けば・・・みたいな話ですね。

 AZロードのシェルは、38.80ペソでした。
損した感がいっそう強くなりました。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ