【1月24日(土)】 “きょうは怒らないでね”...の約束を守った!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:00
*天候=曇り
*気温=24℃
*湿度=72%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 寒い寒い朝だった...MNLです。
昨夜から冷たい風が吹いていました。
この季節ですから...木枯らし?!
そんな冷たい風が、今朝も吹いていました。
『駄目だぁ~、寒過ぎっ!!』

 この時期、長袖、長ズボンのパジャマ、靴下は欠かせません。
きのう、きょうの寒さでは、それだけでは耐えられません。
パジャマの上に...、
手首、足首にゴム編みのあるトレーナーを重ね着です。
そして、昨夜はフード付きのパーカー...!!
身体がポカポカしてきました。
『ちょっと熱っぽいのか...悪寒が走る!!』

足元を見やがって!!
 おとといの午前中、病院へ行ってきました。
“もし、骨に異常があると...怖い!!”と思い、病院へ行くことを決心しました。しかし、15年乗り続けた愛車、水曜日はコーディングです。そうかと言って、トライに乗るほど命知らず...ではありません。そこで、BFに巣食う...あのタクシーを利用することにしました。
 かつて、まだそのシステムを知らずに、パサイのホテル・ヘルテージまで乗りました。すると、降りる時に250ペソを要求されました。普通のタクシーであれば、初乗りが25ペソの時代でしたが...120ペソ程度の距離でした。そう、倍以上もの料金を請求された...タクシーです。
 病院はBFを出たところです。
せいぜい、初乗り40ペソ+20ペソ程度ですから...150ペソ程度かなと思い、電話で配車をお願いしました。しかし、確認のために料金を訊くと、なんと...350ペソ!!
『足元を見やがってぇ~~~!?』

 タクシーに乗ること10分で病院に着きました。
1階で受付を済ませ、エレベーターで6階へ...。
指定された部屋に入り、申請書に記入して待つこと2~3分、ドアが半開きになった小さな部屋に通されました。そこに居たのは...おっさん風の医者でした。
 症状を説明するとTシャツの背中をまくって背骨、両脇をさすって...「固い!」とひと言。
普段、どんな姿勢で居ることが多いか?...とか、
重い荷物を持ったことがあるか?...とか訊きながら、右手では携帯電話を握り、TEXTを打っていました。
『いい年して...携帯依存症?!
 でなきゃ、真面目に仕事を...やれよっ!!』

 “きょうは怒らないでね!!”と、カミさんに釘を刺されていましたので...、
「この医者、TEXTで忙しいから、他の医者を紹介してくれ!」と言いたいのをじっと我慢していたのですが...、
“痛い時はうつ伏せに寝ろ!”という言葉に...、
「心臓が弱いからうつ伏せに寝られない!
 呼吸ができなくて死んじゃうよっ!!」と、少々強い口調で言うと...、
途端に携帯を手放して、話を聞くようになりました。そして、“心配なら腰の骨のレントゲンを撮っておこう!”...となり、挙げかけた拳骨をおさめることにしました。
『約束通り...怒ってないよ!!』

 診察料は500ペソ...。
患者の症状が治まろうが...、悪化しようが...、
レントゲンを取らずに骨の異常を見逃そうが...、
500ペソさえ入れば...おっさん医者の仕事は仕舞いです。
“500ペソ、毎度...ありぃ~~!!”
また、戻ってくれば...、またまた500ペソ...!!

 行き先が病院と知り...ぼったくるタクシー、
他人(ひと)の痛みは他人事の...医者、
『これじゃあぁ~、怒りたくもなるよ!!』
 
************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

痛さが伝わります。

こんばんは、さらんご~らさん。

病院嫌いのさらんご~らさんが、しかもタクシーに乗って行くのですから、腰の痛さが伝わります。余程のことですね。
痛み止めとか、貼り薬無しなのかなぁ。じぃ~っとして痛みが取れるのを待つだけなんでしょうか。困りますねぇ。
腰痛の時に、フィリピンの緑色の塗り薬(液体)を塗って貰いながらマッサージを受けるのが好きですが、ぎっくり腰ではダメですね。お大事に!!

痛いから尚更腹が立つ

その気持ち痛いほど分かります。
人が具合が悪くて困ってタクシーに乗っているのに、足元を見る、これは本当に腹が立ちますね。

決まって言うことは、行き先を聞いてから、トラフィックだから追加料金だという言葉を聞きたくありません(怒)

そもそもタクシー料金が安いのは、一般の人は高かったら乗れないから安く設定してあるのだと思いますが、それをボッタくるぐらいなら初めから高い料金設定でそれ以上取らないシステムだったら腹も立たないと思いますが・・・・・

腰が痛いと藁にもすがる気持ちですよね、どうかお大事になさってください。突然なった腰痛は、突然直るかもしれません。



Re.痛さが伝わります。

yuさん、こちらの病院では処方箋だけです。
これを持って、薬局で薬を買います。
薬について訊くと、医者と薬局で言うことが違うことがあります。
怖いですね。

 薬局で塗り薬を買いましたが...、5回ぐらいで無くなりそうです。

Re.痛いから尚更腹が立つ

大将、ありがとうございます。

 今思えば、“カシミーロのマクド”と言えば良かったのかも?
150ペソぐらいになったかもしれませんね(笑)。

 そう、タクシーも含めて、こちらの交通手段の管理は滅茶苦茶ですね。ことし...そろそろ...料金メーターの上に、LTO発行の許可証を掲示するようになるそうですね。これが無いと、ドライバー個人、タクシー会社の免許が取り消されるとか...。
 規則やルールが新しくなっても...運用ができませんから、同じかもしれませんね。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ