【2月26日(木)】ことし一番の...出来!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:00
*天候=曇りのち晴れ
*気温=26℃
*湿度=78%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 蒸し暑かった朝の...MNLです。
4時ごろに目が覚め、長袖のパジャマを脱ぎました。
7時に起きて温度計を見ると...26℃ありました。
僅か1℃か2℃ですが...、
24℃と26℃は体感で、そんお違いが分かります。
『今までが寒過ぎたので...ちょうどいい!!』

 朝、庭に出た頃は曇っていました。
蒸し暑さはあるものの...、涼しい風が吹いていました。
その風の涼しさとは別に、肌に冷たいものを感じました。
ポツポツと雨が風に乗って飛んできたようですが...、
間もなく太陽が顔を出しました。
『蒸し暑さが増した!!』

釈然としない靄が...晴れた!!
 “末の弟”ご一行が帰って、久し振りにカミさんと買い物に出ました。
スーパーマーケットのカートの取っ手をウエット・ティッシュで拭きます。
カミさんの後からカートを押して...ついていきます。
蚊取り線香、スプレー、“蚊を殺す魔法の紙”をカートに入れました。
“蚊を殺す紙”とは、名刺程度のピンクの紙ですが、これを山状に折って部屋に置くだけで、蚊が死ぬ...そうです。
『本当かなぁ~?!』

 そして、トイレット・ティッシュ、洗濯洗剤、台所洗剤、シャンプー、歯磨き...いろいろ使い果たしたようです。野菜売り場から、お米、魚、清涼飲料水などなど、カートの中に品物が増えていきますが、何かわかりませんが...釈然としないものを感じていました。
『何だろう...何か、変だ?!
 否、何かが...気になる!!』

 頭の中に靄がかかったまま、カートを押してレジに向かいました。
会計待ちの列はありません。レジに到着する直前で、頭の中に100ワットの電球...今ならLED?...がパッ!と灯り、プッ!!と自分で吹いてしまいました。
『あっ、これだったかっ!!』

 脇に居たカミさんに...、
「これ、なぁ~に...?」と...爺。
「ウエット・ティッシュ!」と...カミさん。
続いて、トイレット・ティッシュを指差して...、
「これ、なぁ~に...?」
「トイレット・ティッシュ...!!」と答えたカミさんに...、
「ブゥーッ!
 これ...ウエット(WET)ティッシュ...、
 これ...プエット(PUWET=“尻”)ティッシュ!!」
冗談嫌いのカミさんも...「プッ!!」
『カミさんが...笑った!!
 ことし一番の...出来だったかも?!』

 カートの取っ手に置いた乾きかけたウエット・ティッシュ...、
カートに入れたトイレット・ティッシュ...、
何か釈然としなかったのは...これだったのでした。
でも、ウエット・ティッシュとトイレット・ティッシュの取り合わせ...、
きのうが初めてではない筈なのに...。
『ことし、これ以上面白い冗談は...無理かも?!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

精神的にタフにならないと。

こんばんは、さらんご~らさん。

WetをPuwetにするなんて、Witが効いてますね、ハハハ。
しかし、フィリピンでは「トイレット・ペーパー」を「トイレット・ティッシュ」って言うんですか?知らなかった!

フィリピンに行った際、日本から沢山の「ポケット・ティッシュ」を持参しました。いつもお腹をこわすので、私には必需品だからです。ところが、前回の渡比は快調で、ほとんど使いませんでした。
大量に余ったのですが、フィリピン人にあげたら喜ばれましたよ。何に使うんでしょうね??

カートの取っ手につかまっていれば、立って歩けるようになったんですね。ヨカッタ、良かった。
くの字になって、杖をついているより、颯爽として見えますよ。ウエット・ティッシュで取っ手を拭くくらい、大した労力ではありません。
でも、もっと精神的にタフにならないと、フィリピンでは生きにくいのではないかと心配になりますが・・・、ハハハ。

ティッシュペーパー

ティッシュペーパーは此方ではロール・ティッシュとテーブル・ティッシュの呼び名の違いぐらいで、ティッシュはティッシュぐらいにしか思っていないようですね(笑)

元来トイレでティッシュ・ペーパーなど使う習慣が定着していないせいもあるのでしょうが、お客さん用のトイレットペーパーである筈の物が、従業員が使いまくってカミさんに窘められていたことが有りました(笑)

それでも公共の場所でトイレットペーパーが据えてあるトイレを今まで見たことが有りませんが、床を濡らしながらジャブジャブ洗われるよりいいのかなという気がしないでも無いですが・・・・

物の使い分けがハッキリしていないというのがフィリピン流のようで、同じことが包丁などの刃物でも言えることですね、それで芝を刈るのも魚をぶった切るのも一丁で全てが賄える、何と合理的なことか・・・ハハハ





Re.精神的にタフにならないと。

yuさん、買ったトイレット・ティッシュにはバスルーム・ティッシュと書いてありました。
“ティッシュ”は両方に共通しますから外せませんが、トイレットでもバスルームでも、どちらでも良かったのです。ただ、尻に直結(ケツ)させるにはトイレットの方がよいかなぁ~と思い、こちらを取りました。

 そうなんですよね...、
だいぶ順応したとは思うのですが、あのベタベタした取っ手を触るには勇気が要ります。

Re.ティッシュペーパー

大将、ティッシュに限らずですが、自分の物は後生大事に...、他人、公共の物は使い放題!ですから、始末に悪いですね。

 何故、これほどまでに公共性が無いのか...?
同じ意味かもしれませんが、これほどまでに個人主義なのか...?

 トイレの汚れもティッシュも、ゴミの投棄も、渋滞も...ぜぇ~んぶ根っこは一緒ですね。

包丁

こんにちは毎回楽しく拝見しています。
包丁ですが缶詰も器用に開けてしまいますよね
メイドさんがやるならまだ許せる気もしますが
さすがに娘が私用の包丁で開けていた時は
悲しくなってしまいました、缶切りあるのに
やっぱりフィリピン育ちです(笑)

Re.包丁

sonyさん、コメント...ありがとうございます。

 この包丁のお話...、いかにもフィリピンですね。
かつて某メーリング・リストで“フィリピン人化チェックリスト”をつくりました...未だにHPに掲載してあります...が、この包丁の使い方も入っていました。全国的...一般的...な使い方なのでしょうね。
 でも娘さんが...複雑ですね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ