【5月2日(土)】キロ15ペソの金欲しさで、電車...転覆!?

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:30
*天候=晴れ
*気温=30.5℃
*湿度=70%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 昨夜は思い切り寝苦しかった...MNLです。
カミさんがエアコンをかけます。
爺は寒くて逃げ出します。
ダイニングと玄関脇の窓を開けると...、
涼しい風がわずかに流れ込んできました。
ソファーの上にゴロ...、
ナチュラル・エアコンが気持ちいい!!
風がカーテンを揺らし...、
その隙間から差し込んできた朝日で目が覚めました。
『ふぁ~、よく...寝たぁ~!!』

 きのうからMAYNILADの水が出ません。
水道メータ脇のコックを開くと、メータがカタカタカタ...と音を立てます。
しかし、昨夜から今朝にかけて...シィーン!!
この3連休を利用しての水道管工事かもしれません。
それなら、事前に知らせて欲しいものです。
てなことを書いているうちに、復旧していないかなぁ~。

マンホールに落ちたら...命取り!?
 きのうの“まにら新聞”の記事を読まれた方も多いと思います。
29日にタギグで起きたフィリピン国有鉄道の通勤電車が起こした脱線事故...、
この事故の原因が凄い!!
レールをとめる金具やボルトが盗まれたのが原因...らしいのです。
なんでも、鉄は1キロ15ペソで売れるとか...。
『ったく、見境ないなっ!!』

 前日の点検で金具やボルトが無くなっているのが分かり、事故が起きた4時間ほど前に補修工事を終えたばかりだったそうです。金具を盗む...、補修する...、また盗む...、イタチごっこです。監視カメラの設置を考えたそうですが、そのカメラも盗まれてしまったら...被害拡大です。
 警備員を増やす予算もないので、沿線のバランガイに監視を依頼したとか...。そのバランガイに盗人が住んでいたとしたら、果たして...功を奏するのか?!
『泥棒が身内や近所に居たら...、
 絶対に相互監視は機能しない!!』

 以前、ロハス大通りのエドサにかかる陸橋、橋の側壁最上部についていた手すり...歩行者は通れませんが、名称はやはり“手すり”なのかな...の筒状の鉄が盗まれたことがありました。当時、たまたま現場を通りましたが、見事に無くなっていました。
 また、本当か嘘か定かでなありませんが、道路標識やガードレールも盗まれるので、最初から設置しないとか...。電気や電話、インターネットの電線が盗まれるのですから、まるっきり嘘ではないのかもしれませんね。
『流石に線路は、重くて...無理か?!』

 日本でもマンホールの蓋や公園の鎖が盗まれた...と、かつてニュースにありました。
電線も迷惑ですが、電車の線路は...命に係わるから困ります。
『マンホールの蓋も、落ちたら...大変!!
 命にかかわる...!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり16年目
*************************************
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 さらんご~らさん・もう直ぐ夜明けでしょうから、早めですが、お早う御座います。(笑) また休日中の、水道校にですか、それとも何か、
外されましたか、何が起きても、不思議のない国フィリピンです。
 本日も無料エアコンが、作動する事を、お祈り申し上げます。m(__)m

Re.No title

ダニエルさん、きょうは無料の...“蒸し風呂”です。

 断水の理由が判明しました。
詳細は、きょうのBLOGで...(笑)。

 BFの中を通る用水が、ふたつの幹線道路の交差点の下を通っています。この用水が大雨、台風の時に洪水となります。そこで、護岸工事を始めました。この工事に伴って、水道管のルートを変える工事をしたそうです。
 昨夜は通常通り...給水されていました。
あぁ~、よかった!!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ