【4月30日(土)】“和牛”を喰い損ねたっ!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:30
*天候=晴れ
*気温=31℃
*湿度=70%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 暑い暑い日が続く...MNLです。
朝7時半に起床...、
亡父母の遺影にお茶をあげ...、
勝手口の施錠をあけ...、
そこに置いてある温度計を覗きこむと...、
なんと、既に31℃...でした。
『きょうも...、暑くなりそうだっ!!』

 しかし、ここ3日ほどは雨が降るようになりました。
夜中に眠りを覚ます雨音...、トタン板の我が家の屋根を叩きました。
それが27日の明け方3時半ごろのこと...、
続いて、28日午前0時過ぎでした。
きのうは夕方ににわか雨程度の雨...、
思い切り降ってくれると昼間の暑さが洗い流されるのですが...、
中途半間に降られると、かえって辛くなります。
『毎日、毎日、エアコンが大活躍!!』

看板って...
 昔々、日本で仕事をしている頃、ロゴを作ったり、広告宣伝の延長線で看板を作ることが多々ありました。日本の看板は漢字、ひらがな、カタカナ、数字、アルファベット、写真、イラスト、ロゴ...などと扱うものは多いのですが、これらを“適当”に配して、なんとか凌いできました(笑)。
 ところが、こちらで見かける看板には、まったく理解できないものがあります。ハングル文字だけを使った看板がそれです。写真や英語が書かれていなければ、一般の会社なのか、レストランなのか、学校なのか、教会なのか...判りません。
『早い話が...、
 “ハングル文字を理解できる人だけおいで!!”ってこと!?』

 先日...といっても昨日、きょうではなく、ここひと月ほど前のこと...、カミさんと夕暮れ時、ご飯を食べる店を探していました。すると、某所に日本語の“和牛”を直感させる...、連想できる...、そのものの看板を発見しました。
『おっ...“和牛”!!』

 息を切らして階段を昇り、店の前に置かれたメニュー看板を見ると...ちょっと妙?!
“ANGUS BEEF”と書かれていて、ステーキの写真よりもハンバーガー、フィリピン風の料理が目立ちます。その内にウエイトレスさんが出てきましたので...、
“オーナーは日本人?”と尋ねると...、“No!”の答えでした。
 重ねて“肉は日本から?”と訊くと...、“アメリカから!”との返事でした。
 多分、“フィリピン産の肉ではないっ!”と言いたかったのでしょうが、同時に看板から直観した...、連想した“和牛、日本産から直送の牛肉”をも否定されてしまいました。
『えっ、看板と商品は...無関係かよぉ~っ!?』

 この店のオーナーさんが日本人であれば、アメリカ産の牛肉を扱う店に“和牛”を直感させる店の名前は付けないでしょう...多分。
 まったく日本語を解さないオーナーさんであれば、店の名前が“和牛”を直感させるとは知らなかったと言うかもしれません...、その可能性も!?
 また、店の名前と扱う商品とは無関係!!と、こんな紛らわしい店名を意図して付けるオーナーさんがいるかもしれません...居直るか?!

 アルファベットで書かれた店の名前を日本語の“和牛”と直観してしまい、“和牛ステーキを食べさせてくれるレストラン!”と早合点したのは、 なまじ日本語を解するが故...ということなのでしょう。どこにも“Imported From Japan”とは書かれていませんでしたし...、日本語を解さないフィリピン人にとってはただの看板ですし...、“和牛”を意味するハングル文字で書かれていたら、隠居にはただの看板のひとつでした。
『“和牛”を喰い損ねたっ!!』

 ご商売に影響してはいけませんので、アルファベットの店名の明記、写真の掲載は差し控えます。

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり16年目
*************************************


本来ならコメント欄に書くのですが、何故か...??
牛っと詰まった豚どんぶり...への返信です。

タブレットからコメントを入れようとしたら...“不正なアクセス”と言われてしまいました、それも3度も!!
で、今はPCから...。

 御柱も終わったようですね。
今年も無事で...なにより!!

 精子は和牛でも、お母さん牛は現地産だから...ハーフ和牛?!

 今月末、“クロッシング”オフミ...如何ですか?
もしかしたら遠征します。

と書いてPCのコメント欄から投稿しようとしたら、またまた“不正なアクセス”されてしまいました。
なんでだろう...??
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

違いの判らない男です。

こんにちは、さらんご~らさん。

和牛ねぇ~・・・。
結局は食べられなかったようで、残念でしたね。
私はマニラのアメリカンステーキハウスで食べましたが、美味かったですよ。
勿論、日本で和牛も食べますが、繊細な舌を持ち合わせていないので、ある程度の肉質があれば、どこの肉なのか味が判りません。東京の有名なお店で、たかぁ~い肉を、目の前で焼いてもらって食べましたが、あまり美味くありませんでした。
内心、近くのレストランで2~3千円の肉を食べた方が良いな、と思いましたからね。安物ばかり食べているせいですね、きっと。

Re.違いの判らない男です。

yuさん、看板が判断材料になる場合が多々あります。

 新しい日本食レストランが開店した時、その店の名前を看板で見ることになります。その看板に...“日本人なら付けないだろう...この名前!!”という類の店名があります。その手の店は、敬遠してしまいます。
そこで、“和牛”に惹かれた次第です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ