【2月12日(水)】午前2時40分の電話は...緊急電話だった!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間:18:20
*天候=晴れ
*気温=26.5℃
*湿度=66%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 冷たい風が吹いている...MNLです。
きょうは朝から肌寒い風が吹き抜けていました。
太陽が出て、日差しを浴びていると暑いのですが...、
肌に当たる風は涼しい...、冷たいのです。
日本は大雪だったそうですが...、
再び、こちらにも寒気が押し寄せて来ているようです...ブルッ!
『風邪っぴきには...辛い!』

 4日のBLOGでマスクの話を書きましたが...、
1週間以上たっても、まだ、風邪は治りません。
と言うよりも...、ぶり返したようです。
まだまだ治りそうもなさそうです。
『咳が...辛い!』

夕ご飯が...無い!
 我が家の朝は、午前2時40分に明けました。
カミさんの携帯電話が突然、けたたましく鳴りました。
まあ、電話は殆どの場合...突然ですが。
 こちらは、“自分が起きていれば...、相手も起きている!”ですから、何時であろうが、それが夜中の2時40分であろうが...お構いなしです。口煩かった亡母からは、“電話を掛けても良いのは午後9時まで、朝は午前8時を過ぎてから...。その他の時間は、緊急時のみ!”と躾けられました。
『今、何時だよぉ~?
 まだ、2時40分...じゃん! 
 何か、一大事...か?』

 カミさんが電話に出ました。
イロカノ語で喋り始めました。
尋常な話振りではありません。
“アテ”...と言っていますので、義姉のようです。
そして...“パタイ!”
『何事だよ...?!』

 田舎の義姉からだとすると...、
心配の第一は、隠居よりちょっと歳上の義父母です。
続いて、“弟”たち...、
そして、こどもを産んだばっかり...、
お腹を切られたばかりの姪と赤ちゃんです。
我慢できずに「だれ...?」とカミさんに訊くと...、
カミさんの口から姪の名前が聞こえてきました。

 時計は午前3時を回りました。
電話の向こうの義姉が取り乱している様子が分かります。
会話に割って入る間合いが掴めません。
終わるまで、待つことにしました。
『どうしたんだろう...?!』

 電話が終わってカミさんから話を聞きますと...、
日本語よりもタガログ語の方が話をしやすいようです。
 姪が突然、ひきつけを起こして、口から泡を吹き、吐血した...ようです。
ひきつけの様子は...この言葉は使っても良いのかなぁ~...“てんかん”のようです。
 小学校の時、授業中に同級生が発作を起こしました。
その時、先生が首に巻いていたタオルを手の4本の指に巻き付け、口の中に突っ込んだことがありました。後の話では、発作の時に舌を噛み切る場合がある...ということでした。
 それから十何年かして、通学途中の電車の中で同じ大学の生徒が発作を起こしました。その時、小学校の時の先生の処置を思い出し、友だち数人と共に同じことをしたことがありました。その時に使ったのは、隠居の腰に下げていた汚いタオルでした...ご免!

 カミさんの話を聞いて...、『舌を噛み切ったかな?!』と一瞬思ったのですが、口に出すことはできませんでした。義姉も取り乱している様子です。傍に居て役に立ってくれそうなのは義母だけですが、高齢の上に、高血圧、倒れられても厄介です。そこで、急きょ...カミさんが田舎へ向かいました。
『だから、今夜は...ひとり!!』

 話を聞きますと、そこそこの規模の私立病院のようですが、当直の医師が姪の担当ではなく、看護師さんと当直医で処置をしました。その間に担当医を呼び、診察をして貰ったのですが、カミさんが出発までに結果を聞くことはできませんでした。
『田舎の病院は...心配だっ!』

 今、流石にお腹が空いてきました。
慌てて出て行きましたので、夕ご飯の用意はありません。
さて...どうしよう?!

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり14年目
*************************************
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

気温が26度以上あって

こんばんは、さらんご~らさん。

気温が26度以上あって「肌寒い風」ですか。
日本じゃ生息出来ませんね。
明日の朝、関東平野はまた雪になりそうです。
車のタイヤはスタッドレスにしてますが、ツレアイや娘は慣れない雪道を走るので心配です。

深夜の電話は大変な知らせが入ったようで、実に心配ですね。
大事に至らないと良いですよねぇ。
ひきつけって、一度も立ち会った事がありませんが、そんなに強い症状になるんですか。
とにかく、無事に快復なさいますよう願っています。

気温が26度以上あって

yuさん、環境に合わせての...進化です!
地球温暖化にも対応しています(笑)。

 雪は皆さんのビデオ、ニュースで観るだけにします。
恐竜の気もちが解るような気がします。

 お陰さまで、姪は元気になりつつ...あるようです。
カミさんも、あした...帰還予定です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ