【6月1日(日)】物乞いの中に“弟”の姿があったら...

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間:7:30
*天候=晴れ
*気温=31℃
*湿度=72%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 朝の温度測定で31℃が相場になった...MNLです。
ままならない“もどき”体操のために庭にでますと...、
刺すような...、焦げるような直射日光を浴びます。
その瞬間、全身の毛孔から...、
汗腺から汗が吹き出します。
『暑い時には汗をかかねば...!!』

blog0601.jpg
 我が家でカレーを作ると、その翌日のメニューは“カレースープ・ブレッド”です。
某パン屋さんで1個40ペソのパンを買い...、
頭を切って、中をえぐり、その中にカレーを入れます。
スープの中身こそ違いますが、パン屋さんの奥のレストランでも出ている...立派なレストラン・メニューです(笑)。
『パンを丸ごと食べると...、
 いささか...食べ過ぎ!!』

今更ながら...揺れる思い!!
 今更ながらのお話です。
BFのゲートを出て、車で1~2分のところに、エアコン無し...、扇風機だけでブラロを名物にする食堂があります。ふたりに充分なスモールサイズのブラロが100ペソですので、極めて...庶民的です。それにご飯ものを注文しますと、無料のスープが付きます。15~20ペソのBBQ2本、12ペソのご飯をふたつ、無料のスープを貰うと...50ペソそこそこで夕ご飯を賄うことができるお店です。
『高級車に乗った人も...食べに来る!!』

 “汁ご飯”の好きな隠居が行くのは、月に1度か2度程度のことです。
カミさんとふたりで注文するのはBBQ数本、ロンシログ、ご飯、スモールサイズのブラロ、それにパンシット・カントンです。もちろん、無料のスープも付きます。食べ残したカントンを持ち帰り、薄切りのパンに挟んで...焼きそばぱん“もどき”にして食べます。締めて...200ペソデコボコの豪華(?)な食事です。
『実は...
 ブラロより無料のスープの方が...好き!!』

 さて本題です。
このお店に行くと、いつも某電力会社...と言っても、マニラ首都圏では一社か?!...のサービス・カーに乗った人たちと遭遇します。
毎日、来ているのでしょうか?
それとも、別の人たち...?
 そこに、お腹を空かせた...単独行動の男の子と3人兄妹がやってきます。単独行動の男の子には、悲壮感といいますか...、孤独感が漂い...、凄みさえ感じます。3人兄妹の方は、“いつも一緒感”のようなゆったりした雰囲気が漂い、屈託のない笑顔さえ見せてくれます。
『店のテーブルの間をうろつくのが...嫌っ!!』

 単独行動の男の子からは...、
“腹、減っているんだよっ、飯...食わせろよっ!”
“金でも...いいよっ!”
という類の言葉が聞こえてきます。本当はもっと柔らかい言葉なのかもしれませんが、迷惑に思っている隠居には、そんな凄みを帯びて聞こえてきます。
『親は...何してるっ??』

 某電力会社の人たちが、BBQとご飯、無料のスープを買い与えているのを見たことがあります。ただし、相手がひとりの時で、3人兄妹に与えているのは見たことがありません。たとえ50ペソ程度のものでも、3人ともなると...予算を超えてしまうのかもしれません。単独行動で“就食”活動を行っている男の子は、その辺の事情を心得ているのでしょうか。
『空腹では、可哀想とは思うのだけど...』

 そう、歳の頃で言えば、3人兄妹と隠居の“弟”とでは、正に、兄弟の年頃です。3人兄妹の中に“弟”や“弟の弟”が入った様子を想像してみると、不憫で仕方がありません。
そうとはいえ...。
 年端のいかない“弟”や“弟の弟”が身近にいるようになって、今更ながら...揺れる思いを感じるようになりました。
『国や社会、親の責任を云々言っても...、
 今、お腹が空いているんだよな...あの子たち!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

困った事です

おはようございます、さらんご~らさん。

イムスからマニラに車で向かう途中、信号待ちをしている車列をぬうように、みすぼらしい姿で、赤ちゃんを抱いた女性が物乞いをしていました。本当に切ない気持ちになりましたよ。
YOUTUBEでフレディ・アギラの「プルビ」などを観ても切ない思いがします。フィリピンの現実なんですよねぇ・・・。
子供達が「強盗」になっても、不思議じゃないと思います。昔は物乞いの数が多かったですが、子供達が「強盗」するのは少なかったんじゃないですかねぇ。その意味では、昔より悪くなっていると言えなくもありませんね。困った事ですね。

No title

さらんご~らさん・お早う御座います。

 大分暑そうですね、多分タガイタイと同じく、毎日雷雨が在ると思いますが、雨季の季節、ウキウキした気分で、過ごしましょう。
 私もカレーは大好きですが、フィリピンに、暮らしてからは、なおさらです。カレーパンは、今度真似してみますね、気を付けるのは、頭から入れるのですね、お尻からいれたら、何か連想致して、食べたく無くなるかも、御免なさい、m(__)m

Re.困った事です

yuさん、この辺りも変わってきました。
以前...此処に移り住んだ頃、物乞いの子どもたちは近付いてくるものの、身体に触れるようなことはありませんでした。今では、こちらの手や腕を突っついて、要求してきます、怖いですね。
 黙って手を出しているだけでは貰えない...、
ライバルが増えてきた...、
数も増えているのでしょうね。

No title

ダニエルさん、素晴らしい...発想力!!
尻から入れたカレーパンの写真をアップしてください。
でも、くれぐれもパンの下にティッシュを敷かないでね(笑)。

 毎日ではありませんが、時々、雷雨があります。
今朝は7時に32℃...、
きょうはひと雨、欲しいです。

マニラ市内

これは昔からあまり変わりないと思うのですが、マニラ市内では走行中の車が信号待ちで停止していても、中に入り込もうとする子供たちがいます。

物乞いだけならいざしらず、車中に入り込もうとするのは度が過ぎますね。
先日マニラのサウスポートに用があり行った時のことですが、そこにいた中古家電売りの売り子達、物を買ったのは此方なのに何人も付き纏ってはチップをくれと離れません。

外国人だけとは限らずタクシードライバーも同じ目に会っておりました。
彼らを見ていて重なったのは前出の車中に乗り込んで来る子供たちです。
想像ですがその子供たちが成長した姿が港にいた連中ではないのかと思いました。




Re.マニラ市内

大将、車に乗り込んでくる...のは知りませんでした。
ドアの施錠は必要ですね。
時々、忘れていて、カミさんに注意されます。

 ここ数年、場所を問わず、段々厚かましくなってきていますね。
貰うより...巻き上げろ!
巻き上げるより...盗め!

 売り子のチップ...というのも、強烈ですね。
彼らがチップをくれ!...と言うからには、サービス料ですよね。
重たい荷物を持ってくれた...とか、それなりのことをしてくれれば、考えようもありますが...。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ