【8月23日(土)】見えないものは、見なくても...いいか?!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:30
*天候=晴れ
*気温=28℃
*湿度=80%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 蒸し暑く、鬱陶しい日々の...MNLです。
シャワーを浴びて、10分もすると...、
もう、背中から...、胸から...、汗がジトーッ、
実に不愉快な毎日が続いています。
真夏の暑さの次はこのジトジト、ベタベタの蒸し暑さと分かっていても...、
毎年のことと覚悟はしていても...辛い毎日です。
『毎日、何回シャワーしているのだろう?!』

 おととい、久し振りに庭の片づけをしました。
...というのも、ここ2週間余り、
瞬きする暇も惜しんで、某社のホームページを作っていました。
それも...英語だぜっ!!
疲れたぁ~!!
blog0823-mango.jpg
 先おととい、おとといは息抜き、隠居仕事の王道で時間を過ごしました。
 そこで発見したのですが...、
1個のマンゴーの種から、数本の芽が出るものなのですね。
一番の多いもので...4本もの芽が出ていました。
『1個の種からは...、1本の芽だと思ってたっ!!』
(写真は3本の芽が出たマンゴーの種)

麓も...頂上も...観えない!!
 前回の“Demolition”は、翌週の金曜か土曜日辺りには落ち着いたようでした。今はピカピカ光った鉄板でフェンスができ、外部からの再侵入を阻んでいます。これから何ができるのか知りませんが、長引けば...再びですね。
 その現場のGoogle Earthの画像です。
blog0822-3.jpg
白線で囲んだ辺りが、今回、住宅が強制撤去された地域です。アラバン・サポーテ道路に面した部分は見た目で確認できましたが、その奥の方は何処までが...、どうなったのか...、ピカピカの鉄板に遮られ、覗き見することもできません。
『今度、覗いてみるか...!?』

 この現場から、あちこち空中散歩をしてみました。
すると、ちょっとしたことに気づきました。
0822-02.jpg

 堺がどこかは分かりませんが、屋根の小さな家が密集している地域と...、それの4倍も5倍も、10倍ぐらいも大きな屋根の家がゆったりと建っている地域がありました。その境目を探しに低空飛行してみますと、BFホームズとその周辺が境目のようにも見えました。
『普段、地べたを這いずり回っていると...、
 見えない、気づかない、分からない!!』

 密集している住宅の合間に道路...狭い通路ができているようです。
実際には、どれほどの道幅なのでしょうか?
火事にでもなったら、消防車も入れませんね。
電気は...、水は...、排水は...、ゴミは...?
伝染病は発症したら、一瞬のうちに蔓延してしてしまいそうです。
 地べたを這いずっていたら、とても入ることのできる場所ではありませんし、低空飛行でも覗き見ることはできません。走りなれた道路をいつものように走っていて、突然、家財道具や廃材が山積みになっている現場に遭遇して...、その奥にこのような場所があったことに初めて気づくのかもしれません。私の暮らしている場所は、富士山に例えれば5合目付近なのでしょうね。
『その麓も...、頂上も...
 普通では、決して観えない!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

出っ張りは・・・

下の写真の境目に出っ張っているところは、BFホームス内のElyciumですね。
裏側はあの悪名高きと言うのは言い過ぎかもしれませんがCAAのスクァッター地域ですね。

こうして写真で見るとかなり広大な面積で家が犇めきあっているのですね。
メトロマニラでの犯罪率が高い地域としてのラスピニャス市ですが、ここのエリアを抱えているからと言うこともあるようですね。

触発されてGoogleアースをあちこち見て回りましたが、以前に私が行ったことのある「プリンサの渡し」とカビテ・モリノと言うのは本当に川を挟んですぐ近いというのを改めて確認しました。

伝染病や火事などのことを考えるとあれだけ犇めき合って建っているスクァッターでは被害が多く出るのは否めないという気がします。
ただBFホームス内にもそうした小さな地域があるのを上空写真で再確認致しました。

数年前にデモリションを行ったスーカット・ロード沿いのシルベリオなどは、CAAエリアから比べると小さなものですね。



車窓から

こんばんは、さらんご~らさん、ショウタさん。

私には見慣れた写真です。なにせ、グーグルアースで行った気分を味わってばかりなものですからねぇ。
上空から見ていると、格差社会が一目瞭然ですね。
前回、ベイウォークからエドサを通ってケソンに行きましたが、途中、道路がスラムの真ん中を突っ切る様になっていて、車窓から見えるスラムに驚きを覚えました。
真面目に働けば、夢が叶えられるようになればいいですけど、現状では難しいでしょうね。門扉を製作する溶接技術者が、一日働いて350Pと言ってました。雨だと仕事が出来ないので、「今週分は700P」だとも。
よく生きていけるなぁ、と感心してしまいました。

Re.出っ張りは・・・

大将、改めて見ると...密着しているのですね、BFと。
その境がどうなっているのか...、壁1枚なんていう場所もあるのでしょうね。

 “盗電するなよ、そのツケをこっちに回すなよ!!”...
などとも考えますが、家事や病気が怖いですね。

Re.車窓から

yuさん、グーグルですとチケット代がかかりませんね(笑)。
何処へ入って行っても、危なくないし...。

 普段、車で走っていると道路沿い、薄皮1枚分しか見えませんから、奥の方を覗き見すると驚くことが多いですね。
 以前、パサイの友人が住むコンドを訪ねた時、指定された駐車場が連れ込みホテルに隣接した...表通りから奥まった危ない場所でした。駐車場に車を置いておくのも心配...、コンドまで無事にたどり着けるかも心配で...、友人を呼び出すことにしました。友人が来るまでの間、近所のガソリンスタンドで待っていました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ