【12月13日(土)】ツッコミどころが...盛りだくさん!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:00
*天候=晴れ
*気温=27℃
*湿度=84%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 朝方、急に蒸し暑くなった...MNLです。
長袖、長ズボンのパジャマに靴下を欠かせない日々です。
でも、今朝は流石に蒸し暑く...、
アングリー・バードの毛布をかっぱぎ...、靴下を脱ぎました。
窓を開けて見ると、雨が降った様子...、
ニンニク・カズラの葉の上で...、
太陽に照らされたしずくがキラキラ光っていました。
『雨が降ったので蒸し暑くなったのか...?!』

 上で書いた“かっぱぐ”...、ご理解いただけましたでしょうか?
「取る」、「剥がす」などの意味で使っていましたが...、
これって埼玉弁かもしれません。
埼玉弁の代表格は...、「けんべぇー」でしょうか?!
「帰る」が「けえる」になり...、
“関東に“ベーベー”言葉が無かったら...、“なべ”に、“つるべ”は“どうすんべー”の“べー”が付いて「けんべぇ~」です。
『初めて聞いたら...、絶対に解らんべぇ~!!(無理矢理)』

1213.jpg
 先日、植木屋さんを覗いて、店の片隅に咲いていた花を貰ってきました。
でも、そこのオヤジ...、
「それ...売り物だ!!」だって。
『こんな草まで...売る気かぁ~?!』
...と思っていたら、「冗談だよっ!!」。
その後、つい放し込み、ハイビスカスをふた鉢買う羽目になってしまいました。
『草に10ペソも払った方が...安かった!!』

どこがプロモ...なんじゃい?!
 先日...今週の火曜日、TEXTが入りました。
10月に亡くなった頑固爺さんのご葬儀の時に知り合った、霊園のセールスおばちゃんからでした。タガログ語ですが...「今月19日からプレ・セールスが始まる。現金で買えば、大きなディスカウントがある」と言うものでした。
そこで、販売価格と大きなディスカウントの額を訊くと...返事がありません。1日経った次の日になって、「19日に来ますか?」と再びTEXTが入りました。再度、価格を尋ねると...「まだ、分からない。会社で価格を訊いてみる」と返事が戻ってきました。勿論、隠居の判事は決まっています...「販売価格も分からず、ディスカウントの額も分からず、大きなディスカウントがあるなんて...良く言えるね!!」“売らんかな”のセールス・トークには慣れっこですが...、ついツッコミを入れてしまいました。そして、土曜日のきょうになっても、まだ、返事はきません。
『19日に行っても...、こいつとは話をしたくない!!』

 そして、同じく、今週の木曜日のことです。
アラバンのショッピング・センターへ出向きました。ブラブラしていると家電屋さんがありました。先日の“エアコン事件”ではありませんが、家電屋さんにはツッコミ・ネタが転がっていました。
 TVを見ていると、男の店員がやってきました。
「通常価格は1万9800ペソですが...、
 今、クリスマス・プロモで1万7500ペソになり...、
 更に、1500ペソのDVDデッキが一緒です」
 こちらには買う積りはありませんので、生返事で聞いていました。
すると、何を考えたのか...、
「もし、DVDデッキが必要なかったら...、
 1万5000ペソになります」...だって!!

 そこですかさず...、
「えっ、TVが1万5000ペソ...、
 1500ペソのデッキが付いて1万7500ペソ...。
 全然、プロモじゃない...じゃん!!」と言うと、暫く、考え込んでいました。
1000ペソの上乗せに気付かないのでしょうか...?!
『こいつ、指を使って足し算をするんだろうなっ!?
 使えねぇ~なっ!!』

 この家電屋さんのプロモ価格...、
エアコンも...、冷蔵庫も...、ぼったくり価格に見えてきました。
お墓の値段にも...気をつけよう!!

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり15年目
*************************************

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フホンイながら。

こんにちは、さらんご~らさん。

えぇ~と、まことに、誠にフホンイではありますが、言われる言葉はすべて解かります。知りませんと言った方がシティ・ボーイに思われそうですが。
東京で「おっぺして」とか、「へったにくっついてる」と言ったら、全然理解して貰えませんでした。標準語だと思ってたのになぁ~、ハハハ。
当地は「だんべ」ですから、「解かんねぇだんべなぁ~」とか「解かんなかんべぇ」となります。

高レート両替と言われ、訳も解からず100万円をペソに換え、受け取ったはずの40万ペソに近いお金が、家に帰って数えたら半分になっていた、なんて方もおられます。
で、その後、有ったお金がニセ札だったことも判ったというのですから、酷い詐欺ですよねぇ。
それに比べれば、セールストークなど「許容範囲」ですね??
さらんご~らさんも詐欺にあった方も、言葉が理解出来るからの「被害」ですね。その点、ボクは大丈夫です。なにせ、言ってる事が理解できませんから、セールストークや詐欺にかかりようがありません。
おまけに、フィリピンで電化製品を買いませんし、100万円も持ってないし・・・、ハハハ。

Re.フホンイながら。

yuさん、“おっぺす”もそうですね。
高校の時、同級生に笑われました。
“けんべぇ~”は熊谷在住の友だちの言葉で、最初は解りませんでした。
 秩父に“だんべ”という焼酎がありましたね。
昔は、舐める程度に飲んだことがありました。

 両替商のセールストークも、危険ですね。
隣よりも“かなり”高いレートで誘う両替商...、
間違いなくマジシャンが居ると思った方が正解ですね。
今は円安ですから、この手のセールストークに注意しないと痛い目に遭ってしまいますね。

No title

 さらんご~らさん・今日は、yuさん・今日は、

 与野の都会でも、私の育った、田舎と同じ何ですね、私の印象では、大宮から先は東京のイメージでしたよ、(笑)
 それなのに、田舎言葉で、懐かしいですね、
 >草に10ペソも払った方が 草に値の付く都会って、好いですね、でも其の草、タガイタイで、20ペソも、するかも知れませんね、
何でもタカイタイですからね、今度タコ揚げでも、食べましょうね、m(__)m

Re.No title

タガイタイの仙人さん、先日はお世話さまでした。
タコ揚げ...は、美味しいのかなぁ~?!
野鳥の丸揚げやニワトリの足より良さそうですが...。

 私の育った家の隣は...、
夏はサツマイモ畑、冬は麦畑でした。
そして、肥やしは...“ナニ”をまいたものでした。
どうだ都会だろう、参ったかぁ~っ?!(笑)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ