【8月28日(日)】元気になりたぁ~い!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:20
*天候=曇り
*気温=27.5℃
*湿度=90%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 毎日、毎日、雨が降る...MNLです。
それも夜中から明け方にかけて...、
滅茶苦茶強い雨が、トタン板の屋根を叩きますから...、
穏やかに眠っている訳にはいきません。
いささか、睡眠不足気味のきょう...この頃です。
『体調も...イマイチだしなぁ~!!』

【体調は元には戻らない...!?】
 先週...日曜日が週のはじまりとすると先々週から体調を崩してしまい、
結構辛い10日余りを過ごしています。
やっと体温計で測れる熱は平熱程度に下がったのですが...、
身体の芯のところに、まだ熱が残っているような...、
妙な具合で、身体がふらつくし、食欲は出ないし...。
『時間の...問題!?』

 若い時なら、熱のせいで味が変だ、喉が痛い...などと言いながらも、
ガツガツ食べて、1週間もすれば元気になっていました。
しかし、この歳になりますと...なかなか回復しません。
否、回復と言っても、明らかに若い時とは違って、
熱を出す直前の体調を100とすれば、その80、70までしか復調しないような気がします。
『こうして次第次第に“0”に近づく...?!』

 “もどき”体操”を始めても、“もどき”になる前に息があがってしまい...ハァ~、ハァ~。
首を回転させようものなら、安定を失って...フゥ~ラ、フラッ!!
腰を屈伸したり、回転させたりすると、ショートパンツがずれ落ちてきます。
 熱で食欲が無くなっていましたから、お腹回りがふた回りほど細くなった気がします。
久しぶりに体重計に乗ってみたら...、
ここ10日ほどで痩せたのは...せいぜい3~4キロでしょうが、
最も“メタボ”だった時より10キロも痩せてしまいました。
『体力も、気持ちも...萎えていく。
 ふぅ~!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり17年目
*************************************

【6月12日(日)】きょうは独立記念日...だった!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:00
*天候=晴れ
*気温=29.5℃
*湿度=84%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 幾分か涼しくなった(ような気がする)...MNLです。
確か6月21日か22日あたりが夏至の筈です。
陽は長くなったのですが...、
雨季が近づいたせいか...、
毎日雨が降り、暑さも盛りを過ぎたよう...な気がします。
『雨降りも嫌だけど...
 クソ暑いのも...嫌っ!!』

 あっ、きょうは6月Ⅰ2日...、フィリピン共和国の独立記念日だった!!
道理で...あちこちに国旗が立っていた訳だっ!
 むっ、独立記念日でよかったのかな...??
それとも、独立記念の日...?!
どこかの国のようにビミョウ言い回しはしないか...フィリピン!!
 それは兎も角として...、フィリピンには独立記念日が2回ある筈!!
スペインから独立した6月Ⅰ2日...、
もうひとつは、アメリカから独立した7月4日...。
同じ独立記念日でも...、
333年間の間に大切なものを無くしてしまった筈なのに
スペインから独立した記念日の方が...重たいのかな??
『その代わり...、
 植民地根性は十分に...養われた!!??』

卵焼きは甘くなくっちゃ~なっ!!
 今朝...昨夜からカミさんが田舎へ出かけたので...はひとりでした。
そこで、何を思ったのか卵焼きを作ることに...。

 その時、4歳ぐらいまでフィリピンで育った姪が、我が家に遊びに来た時のことを思い出しました。
ひと晩泊まって、翌日の朝、卵焼きを作ってあげたのでした。しかし、何故か...ひと口しか食べませんでした。
その訳を訊いてみると...“甘い!”

 そうなんですね...!!
フィリピンの卵焼きには砂糖を使いませんから、甘い卵焼きに慣れてなかったのです。
日本の子供たちが好きな卵焼きは、砂糖を入れた甘い卵焼きです。
 ところが、フィリピンは塩味です。
でも、フィリピン人の友だち、知り合い、ご近所のなかには、卵の中から出汁がしみ出してくる、あの...隠居特製・だし巻き玉子のファンがいらっしゃいます。
慣れれば、甘い卵焼きでも...美味しい!!
『姪っ子...、
 甘い卵焼きが好きになtったかなぁ~?!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり17年目
*************************************

【5月8日(日)】あれから...30年!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:30
*天候=晴れ
*気温=30℃
*湿度=70%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 雨の降らない...MNLです。
昨年の大晦日から元旦にかけて雨が降った...かな?
4月になって深夜に2回...、
その翌日の昼間、にわか雨...、
今年の雨降りは...、
確か、この4回のみ...?!
MYNILADの水圧が弱い今...、
『降ってくれないかなぁ~!!』

誰が勝つのか...??
 今年は、フィリピン共和国の大統領をはじめとした統一選挙があります。
あしたが、その...投票日です。
 一番の注目は、やはり...大統領選です。
主要候補者は5人に絞られていますが、人気では...ダバオ市長のドゥテルテ氏がトップを走り、ポー氏、ロハス氏、ビナイ氏、サンチャゴ氏が続いている...そうです。有権者の調査に固定電話を使うか、無料の携帯電話を使うかによって、候補者への支持率が異なる...とのこと。当然、調査する地域によっても...、候補者の出身地やその近く、或いは高級ビレッジや低所得層の住宅地とでは支持率が違ってきます。
『一概に数字だけでは...判らない!!』

 今回の候補者で最も異色なのはダバオ市長のドゥテルテ氏です。
“犯罪者を皆殺しにしてマニラ湾に沈める。魚はさぞかし太ることだろう”...などと言い、容疑者を裁判にかけずに皆殺しにする...そうです。ニュース番組で彼の発言シーンに“ピーッ!”の多いこと、本来の政治手腕よりも面白さで人気です。
『“皆殺し”は...選挙公約?!』

 ポー氏は国籍問題や10年間以上の在住疑惑があったものの候補者資格が認められました。ビナイ氏は不正蓄財や公金の流用疑惑など、灰色の部分が多いままの選挙戦です。サンチャゴ氏は癌と闘いながらの選挙戦で、健康面での不安を払拭できません。となると、一番無難な候補者は...ロハス氏ということになるのでしょうか。
『問題のある候補者...ばっかり!!』

 大統領選挙といって思い出されるのは、まだフィリピンとの関わりが高校生時代の社会科の授業だけだった...1986年のことでした。炬燵に入ってみかんを食べながら選挙のニュースを観ていました。確か、テレビ朝日の...ニュース・ステーション。選挙はやがて軍隊の寝返りと民衆の蜂起によって、2月革命...あれ、2月だったんだ!!...に発展しました。
 今の選挙の副大統領候補のボンボン・マルコス氏の父上、フェルナンド・マルコス大統領一家がアメリカへ亡命し、選挙の開票結果が出たのか、どうだったのか、次期大統領に就任したのが現大統領の母親、コラソン・アキノ氏でした。
『あれから、30年も...経つんだ!!』

 あしたは投票日です。投票を巡っては重複投票、投票所への送り迎え、金品の授受による買収などの違反が横行し、集計の不備や不正などですんなりと結果が出るとは思えません。ただ、選挙のたびに思うのですが、今は炬燵に入ってTVで選挙の様子を観ているわけではありませんので、誰が当選するにしても、穏便に済んで欲しいと思う...だけです。
『クーデター騒ぎは...リアルで怖い!!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり17年目
*************************************

【5月1日(日)】どこへ行くにも...

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:30
*天候=晴れ
*気温=31℃
*湿度=74%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 きょうも暑い暑い...MNLです。
午前7時に目覚まし時計がなった時...、
全身、大汗...でした。
エアコンを付けて寝ると身体中の節々が痛くなり...、
扇風機をかけて寝ると鼻、喉が乾いてしまい...、
翌朝には...夏風邪状態です。
この暑さの中、エアコンも扇風機も無し...、
ミッキーマウスの団扇を片手にベッドに潜り込みます。
『早く、涼しくならないかなぁ~!!』

飛行機の方が早いけど...
 もう、きょうは5月1日なのですね。
日本はゴールデン・ウィークの真っただ中...始まったばかりか?!
いずれにしても、暑くも寒くもない季節、行楽に...よいですねぇ~。

 こちらで観光地へ出かけると、必ずと言って良いほど...不愉快な思いをします。観光地のガイド、タクシー、観光用カレッサ(馬車)、レストランなどなど...によるチップの強要、法外なぼったくりです。
そんなこんなで出不精になった隠居でした。
『何度、喧嘩をしたことか...』

 それでも何故か、このところ...、“ビコールのマヨン火山を見たい!”と思うようになりました。バスで8~9時間、もし隠居がハンドルを握って車で行けば10時間は間違いありません。それが、飛行機に乗れば...1時間とのこと。もし、飛行機恐怖症でなく、心臓にも問題がなければ陸路を選ぶ理由は無く、躊躇なく飛行機のチケットを購入するところです。

 こんなことを考えていた矢先、きのうのまにら新聞の記事です。
NAIA(ニノイ・アキノ国際空港)で流行っている(?)...“銃弾が手荷物に入っていた事件”が地方の空港にも感染し始めたようです。先日はダバオ空港で...、きのうのまにら新聞ではボラカイの玄関であるカティクラン空港でも起きたそうです。旅行者、つまり手荷物の持ち主が自分で銃弾を入れたのか...、それとも空港職員が意図して入れたのか...個々の事件について詳細は分かりませんが...嫌な事件です。
『空港職員の仕業なのかなぁ~?!』

 日本に居るころから抱えている心臓の問題...のみの心臓より小さいとか(笑)、
高所恐怖症の上に閉所恐怖症が加わり...、飛行機に乗ると心臓の動悸が激しくなり、息苦しくなってしまいます。更に、“9.11”のニュース映像のビルに突っ込む旅客機...は、隠居の空の旅の致命傷になりました。それでも、 マヨン見たさに腰を上げようとした途端、地方空港での“銃弾が手荷物に入っていた事件”報道でした。
『やっぱっ、家で庭いじりかなぁ~?!』

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり16年目
*************************************

【4月30日(土)】“和牛”を喰い損ねたっ!!

爺の隠居暮らし
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
*フィリピン時間=7:30
*天候=晴れ
*気温=31℃
*湿度=70%
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 暑い暑い日が続く...MNLです。
朝7時半に起床...、
亡父母の遺影にお茶をあげ...、
勝手口の施錠をあけ...、
そこに置いてある温度計を覗きこむと...、
なんと、既に31℃...でした。
『きょうも...、暑くなりそうだっ!!』

 しかし、ここ3日ほどは雨が降るようになりました。
夜中に眠りを覚ます雨音...、トタン板の我が家の屋根を叩きました。
それが27日の明け方3時半ごろのこと...、
続いて、28日午前0時過ぎでした。
きのうは夕方ににわか雨程度の雨...、
思い切り降ってくれると昼間の暑さが洗い流されるのですが...、
中途半間に降られると、かえって辛くなります。
『毎日、毎日、エアコンが大活躍!!』

看板って...
 昔々、日本で仕事をしている頃、ロゴを作ったり、広告宣伝の延長線で看板を作ることが多々ありました。日本の看板は漢字、ひらがな、カタカナ、数字、アルファベット、写真、イラスト、ロゴ...などと扱うものは多いのですが、これらを“適当”に配して、なんとか凌いできました(笑)。
 ところが、こちらで見かける看板には、まったく理解できないものがあります。ハングル文字だけを使った看板がそれです。写真や英語が書かれていなければ、一般の会社なのか、レストランなのか、学校なのか、教会なのか...判りません。
『早い話が...、
 “ハングル文字を理解できる人だけおいで!!”ってこと!?』

 先日...といっても昨日、きょうではなく、ここひと月ほど前のこと...、カミさんと夕暮れ時、ご飯を食べる店を探していました。すると、某所に日本語の“和牛”を直感させる...、連想できる...、そのものの看板を発見しました。
『おっ...“和牛”!!』

 息を切らして階段を昇り、店の前に置かれたメニュー看板を見ると...ちょっと妙?!
“ANGUS BEEF”と書かれていて、ステーキの写真よりもハンバーガー、フィリピン風の料理が目立ちます。その内にウエイトレスさんが出てきましたので...、
“オーナーは日本人?”と尋ねると...、“No!”の答えでした。
 重ねて“肉は日本から?”と訊くと...、“アメリカから!”との返事でした。
 多分、“フィリピン産の肉ではないっ!”と言いたかったのでしょうが、同時に看板から直観した...、連想した“和牛、日本産から直送の牛肉”をも否定されてしまいました。
『えっ、看板と商品は...無関係かよぉ~っ!?』

 この店のオーナーさんが日本人であれば、アメリカ産の牛肉を扱う店に“和牛”を直感させる店の名前は付けないでしょう...多分。
 まったく日本語を解さないオーナーさんであれば、店の名前が“和牛”を直感させるとは知らなかったと言うかもしれません...、その可能性も!?
 また、店の名前と扱う商品とは無関係!!と、こんな紛らわしい店名を意図して付けるオーナーさんがいるかもしれません...居直るか?!

 アルファベットで書かれた店の名前を日本語の“和牛”と直観してしまい、“和牛ステーキを食べさせてくれるレストラン!”と早合点したのは、 なまじ日本語を解するが故...ということなのでしょう。どこにも“Imported From Japan”とは書かれていませんでしたし...、日本語を解さないフィリピン人にとってはただの看板ですし...、“和牛”を意味するハングル文字で書かれていたら、隠居にはただの看板のひとつでした。
『“和牛”を喰い損ねたっ!!』

 ご商売に影響してはいけませんので、アルファベットの店名の明記、写真の掲載は差し控えます。

************ さらんご~ら ******************
さらんご~ら[saranggola]:フィリピンの言語、タガログ語で「凧」の意。
【用  法】大空を自由に飛び回る凧に託して、フィリピンでの気ままな暮らしぶりを表現。
【現  実】凧糸の端をカミさんにしっかりと握られ、自由、気ままなのは、凧糸の長さ分だけ。
【同意語】お釈迦さまの掌の上から出られない『孫悟空』。
【ウエッブサイト】さらんご~らのフィリピン隠居暮らし どっぷり16年目
*************************************


本来ならコメント欄に書くのですが、何故か...??
牛っと詰まった豚どんぶり...への返信です。

タブレットからコメントを入れようとしたら...“不正なアクセス”と言われてしまいました、それも3度も!!
で、今はPCから...。

 御柱も終わったようですね。
今年も無事で...なにより!!

 精子は和牛でも、お母さん牛は現地産だから...ハーフ和牛?!

 今月末、“クロッシング”オフミ...如何ですか?
もしかしたら遠征します。

と書いてPCのコメント欄から投稿しようとしたら、またまた“不正なアクセス”されてしまいました。
なんでだろう...??
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ